本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【雑草プロの世界転戦記19】1年後にはジョコビッチと接戦! ブレーク直前の有望株と出会える下部ツアー<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— 今回はヨーロッパに限らず、下部ツアー全般でできる貴重な経験について述べたいと思います。...
別窓で開く

(プレスリリース)サイバーエージェントが運営する縦読み漫画のコンテンツスタジオ「STUDIO ZOON」、オリジナル10作品を独占先行で週刊連載開始
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証プライム市場:証券コード4751)は、2024年2月7日(水)より、当社が運営するコンテンツスタジオ「STUDIO ZOON(スタジオズーン)」で制作した完全オリジナルの縦読み漫画10作品をAmebaマンガにて独占先行で連載開...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記18】国際基準であるレッドクレーで戦術的テニスが磨かれることもヨーロッパの魅力<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— 日本とヨーロッパのテニス環境を比較した時、コートサーフェスも大きな違いとして挙げられます。...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記17】ヨーロッパで培われる価値観は世界基準。トップになる選手の歩みも身近に見られる<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパにいて感じるのは、選手の価値観の違いです。 日本に限らず、アジア、オーストラリアなどの文化圏の選手は、数字や周...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記16】ヨーロッパを拠点にする意義は、世界基準の視点と圧倒的な実戦経験を得られること<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパでテニスをすることの最大の意義は、世界基準の視点を持てることです。...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記15】国内大会を利用して成長。ヨーロッパのジュニアの効率的なキャリアプラン<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパのテニス環境についてリポートするシリーズ。前回はジュニア選手に焦点を当て、上を目指すためのルートを紹介しました...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記14】上を目指すビジョンが明確化されたヨーロッパのジュニア育成環境<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパの練習環境について、これまでテニスアカデミーやテニスクラブを拠点にしたプロ活動をリポートしてきましたが、ここで...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記13】テニスクラブを拠点にすればアカデミーより格安! ただし練習相手は自分で探す<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパの練習環境についてリポートするシリーズ。これまでに述べてきたように、選手はテニスアカデミーに身を置いて練習する...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記12】実績に惑わされるな! 自分に合ったプライベートコーチの見つけ方<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパの練習環境についてリポートするシリーズ。前回はテニスアカデミーで細やかな指導を受けられない場合、個人やグループ...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記11】アカデミーに所属せずプライベートコーチを数人でシェアするのも有効な選択肢<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。———◆———◆——— ヨーロッパの練習環境についてリポートするシリーズ。これまで大小のテニスアカデミーの待遇について述べてきました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>