本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



歴史的悪妻なのか?『チャイコフスキーの妻(仮)』セレブレニコフ監督作【カンヌ映画祭レポート】
『チャイコフスキーズ・ワイフ(英題) 』キリル・セレブレニコフ監督■ロシアを出て遂にカンヌ記者会見に登場!キリル・セレブレニコフ監督『LETO -レト-』(2018)『インフル病みのペトロフ家』(2021)とコンペティションに選ばれながらもカンヌ入りがかなわなかったキリル・セレブレニコフ監督。...
別窓で開く


<前へ1次へ>