本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)【新サイト】朝日新聞出版の子育て・学び情報サイト『AERA with Kids+(プラス)』が、2月21日オープン!
株式会社朝日新聞出版は、小学生や未就学児の親に向けた子育て・教育情報サイト「AERA with Kids+(プラス)」を、2024年2月21日(水)にオープンしました。子育てに役立つ実用情報、子どもの学びを後押しする情報を選りすぐり、毎日お届けします。...
別窓で開く

(プレスリリース)日本初のコーヒーアップサイクルコスメがサステナブルコスメアワード 2023 アップサイクル部門 審査員賞 を受賞!
ストリートコスメブランド「EVEREST」の日本初となるコーヒーの搾りかすをアップサイクルし原料とするコスメが、サステナブルコスメアワード2023のアップサイクル部門で「審査員賞」を受賞しました!<br /><br />サステナブルコスメアワード2023 年度の授賞式が、20...
別窓で開く

中居正広は訃報に涙…香取慎吾と6年ぶり共演にあった急逝した『スマスマ』恩人Pの奔走
「SMAPのメンバー6人全員から黒木さんは“兄貴分”として慕われていました。特に中居正広さん(51)とは最近まで一緒に食事に行っていたほどの仲。それだけに中居さんは訃報に涙を流し、愕然としていました」(音楽関係者)2月17日、『SMAP×SMAP』(以下『スマスマ』)を手掛けたフジテレビの名物プロデ...
別窓で開く

自民党の麻生太郎副総裁は、上川陽子外相の容姿について「そんなに美しい方とは言わない」「おばさん」などと講演で触れた自らの発言を5日後に撤回した。ジャーナリストの浜田敬子さんは「これまでも差別的な発言を繰り返してきた麻生氏にはもう何を言っても無駄だろう。ただ、次期首相候補として名前が挙がる上川氏には、...
別窓で開く

元社長令嬢の母親から精神的に支配され続けてきた女性。母親経営の会社で働かされ、会社の運転資金に必要だからと銀行からの借金の連帯保証人になるよう命じられる。従業員が辞めたことを自分のせいにされ、母親から土下座を強要されたことも。母親の“恐怖政治”から逃れるために女性は再婚相手を探すが、そこにも毒母が立...
別窓で開く

「お兄ちゃんは頭がいいんですけど、この子はバカなんですよ」。元社長令嬢の母親に小さい頃からDVを受けてきた女性。ストレスのため自分で自分の腕の内側を噛み歯型がついていた。精神的苦痛はその後も続いた。加えて、短大卒業後に結婚した相手は育児を放棄し、朝帰りを続けた。堪忍袋の緒が切れた女性は離婚を切り出し...
別窓で開く

INI 2/19発売『AERA』表紙とロングインタビューに登場! メンバーは「MINIの歓声を聞くと力が湧いてきます」
2月19日発売のAERA増大号の表紙にはINIが登場。11人のメンバーによる表紙やグラビアは圧巻だ。ロングインタビューでは、自分たちの強みと絆、ライブにかける思いなどを語っている。迷い多き1年ハイレベルな歌とダンスで注目を集める、グローバルボーイズグループINI。デビュー3年目となった昨年も大活躍だ...
別窓で開く

INI、ファンへの思い語る「MINIの歓声を聞くと力が湧いてきます」
【モデルプレス=2024/02/16】グローバルボーイズグループ・INI(アイエヌアイ)が、19日発売の「AERA」2月26日増大号の表紙に登場。ロングインタビューでは、自分たちの強みと絆、ファンへの思いなどを語った。◆INI、ライブ&ファンへの思い語るハイレベルな歌とダンスで注目を集めるINI。...
別窓で開く

(プレスリリース)INIがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「たどり着いた“INIらしさ”がここにある」/『AERA』2月19日発売
巻頭特集は「災害で消えるローカル線」/大河「光る君へ」は“朝ドラ成分”多め<br /><br />2月19日発売のAERA2月26日増大号の表紙にはINIが登場。11人のメンバーによる表紙やグラビアは圧巻。ロングインタビューでは、自分たちの強みと絆、ライブにかける思いなどを語...
別窓で開く

(プレスリリース)全力で猫、愛しました!「NyAERA2024」発進&サイトもオープン!/表紙は岩合光昭さん/夢枕獏さん、佐久間大介さん、三山凌輝さんらの愛猫も登場
2月15日発進! 特別付録に沖昌之さんの「ニャレンダー」 豪華執筆陣&猫愛インタビュー<br /><br />AERAが一冊まるごと猫化する臨時増刊、「NyAERA(ニャエラ)」が2024年2月15日(木)発売します! 特集は「相棒はスゴい猫」。今年の豪華執筆陣は佐藤優さん、...
別窓で開く


[ aera ] の関連キーワード

kids 朝日新聞 mini with 佐久間
ini