本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「マズい!」と思った瞬間、白装束の女がふりむいて…神主が夜の神社で聞いた「コーン、コーン」という音の“正体”
 世の中は多種多様な職業で溢れている。中には就いている人になかなかお目にかかれないような、ちょっと珍しい職業も存在する。 今回はそんな「異職」に就いている人が就業中に体験した話を、怪談師の正木信太郎さんと作家のしのはら史絵さんが聞き取ってまとめた『 異職怪談 』(彩図社)より「見知らぬ生徒」を抜粋。...
別窓で開く

【歌舞伎界お騒がせ事件簿】松本幸四郎、元女優との隠し子騒動のウラで寺島しのぶへの“裏切り”行為がエグかった
松本幸四郎(当時は染五郎)は資産家令嬢と結婚。結婚の前年に再会しメールのやりとりで親しくなったふたり。当時は“略奪婚”と言われた NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に源義高役で出演し、イケメンぶりが話題になったのが八代目市川染五郎。「父親は十代目松本幸四郎。彼も若いころは息子と同じように“歌舞伎界の...
別窓で開く

相川七瀬×賀集利樹×平藤喜久子 豪華トークイベントで"神話の歩き方"を語る
神話学者の平藤喜久子教授(國學院大學)の著作『神話の歩き方』(集英社)の発売を記念して、ロック歌手の相川七瀬、俳優の賀集利樹といった"神話通"との豪華なトークイベントが実現。神話への熱き想いを聞いた。■教授と現役学生とOBが勢揃い神話学者の平藤喜久子教授(國學院大學)が近著『神話の歩き方』をもとに、...
別窓で開く

相川七瀬、21歳長男との“美男美女親子”ショット公開 ファン祝福「そっくり」「親子大学生は珍しいね」
歌手の相川七瀬(47)が6日、自身のブログとインスタグラムを更新し、この日21歳の誕生日を迎えた長男との2ショットを公開し、「美男美女親子」と反響を呼んでいる。 2001年9月6日に長男を出産し、07年9月9日に次男、12年9月18日に長女を出産していることから「今月は子供たちの誕生日ラッシュです」...
別窓で開く

大正大がアベック優勝で悲願の1部昇格 男子1部は明治大が全勝キープ<秋季関東学生卓球リーグ戦>
<令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年9月〜10月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>3日、秋季関東学生卓球リーグ戦の男女1部2試合と男女2部の最終戦が行われた。大正大が悲願の1部昇格2部では男女共に大正大学が5勝0敗で全日程を終え、全勝優勝を決めた。...
別窓で開く

早稲田大が無傷の3連勝 エース・黒野は5戦5勝の活躍<秋季関東学生卓球リーグ戦>
<令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年9月〜10月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>2日、秋季関東学生卓球リーグ戦は大会2日目を迎え、男女1部・2部の試合が行われた。女子1部では、早稲田大学が東洋大学、専修大学をそれぞれフルゲームで下し、3勝0敗で単独首位に浮上し...
別窓で開く

戸上、宇田がリーグ戦デビューの明治大が白星発進 女子は日体大が王者・中央大を下す<秋季関東学生卓球リーグ戦>
<令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年9月〜10月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>大会一日目となった1日は男女1部4試合、男女2部3試合が行われ、熱戦の火ぶたが切って落とされた。男子1部ではインカレ準決勝で白熱の試合を繰り広げた明治大学と日本大学が対戦。...
別窓で開く

宇田幸矢、戸上隼輔がメンバー入り 明治大学がグランドスラム達成なるか<秋季関東学生卓球リーグ戦>
<令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年9月〜10月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>秋季関東学生卓球リーグ戦の男女1部と2部の試合が9月1〜10日にかけて行われる。男子1部見どころまず注目すべきは春季リーグ優勝を果たした明治大学である。...
別窓で開く

裏千家の家元、出雲大社の神職…小室圭さんで注目「元皇族女性の夫のお仕事」
【前編】3度目の正直に挑む小室圭さんで注目…元皇族女性たちの夫はこんな人より続く3回目のNY州司法試験に挑んだ小室圭さん。一刻も早く、合格して妻の眞子さんを安心させたいところだ。「結婚や恋愛において自由は尊重されるべきですが、眞子さんは将来的には天皇の姉となるのですから、国民に納得されるような結婚生...
別窓で開く

BTSのRMも愛読。中学生から大人まで、「涙が止まらなくなる」感動小説。
 「まだ旅立つはずもない年ごろで 花びらが舞い散るごとく消え去った すべての少年少女たちへ」——。 イ・ギョンヘさん著、小笠原藤子さん訳の『ある日、僕が死にました』(KADOKAWA)は、親友を亡くした少女が遺された日記を手にしたことから始まる、喪失と再生の物語。 2004年に韓国で刊行され、「涙が...
別窓で開く



<前へ12345次へ>