本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



健康推進大会で日々の対策呼び掛け テレワーク中は健康状態も報告制に 中央労基署
 東京・中央労働基準監督署は、全国労働衛生週間の実施に当たって9月15日、令和4年度の中央健康推進大会を開催した。稲員署長が登壇し、病気は怪我と比べて健康被害といった形で結果が出るまでに時間がかかることから、安全に関する取組みに比べて対策が疎かになる傾向を指摘。日々の予防対策を呼び掛けた(写真)。...
別窓で開く

メガバンクでは以前、サービス残業が常態化していた。メガバンク現役行員の目黒冬弥さんは「上司から『残業した時間を正確に申告するように』という指示があった。気を使って過少申告したが、それは間違いだった」という。実録ルポ『メガバンク銀行員ぐだぐだ日記』(三五館シンシャ)からお届けする——。■「遠慮はいらな...
別窓で開く

 語学学校のアテネ・フランセ(東京都千代田区)が、勤務するフランス人講師の40代男性への賃金未払いがあったとして、中央労働基準監督署(文京区)から是正勧告を受けたことが30日、分かった。男性が加入する労働組合などが記者会見で明らかにした。 組合によると、男性は2021年10月に有給休暇を取得。...
別窓で開く

塩化ビニールの屋根を踏み抜き 墜落防止措置未実施での未実施で送検 岡谷労基署
 長野・岡谷労働基準監督署は、屋根の踏み抜きを防ぐ対策を講じなかったとして、ゴルフ場運営業の鹿島リゾート㈱(長野県茅野市)と同社取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検諏訪支部に書類送検した。労働者が地上からの高さ2.3メートルのカーポート屋根上から墜落して死亡す...
別窓で開く

家政婦兼ヘルパー急死、労災認めず=「家事」適用外、介護時間で判断—東京地裁
 家政婦兼介護ヘルパーとして住み込みで働いていた女性が急死したのは過重労働が原因だとして、東京都内の70代の夫が国に遺族補償の不支給決定取り消しを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。片野正樹裁判長は労働基準法上、「家事」は労災の適用外だとして、「介護」のみの労働時間から過労死と認めず、請求を...
別窓で開く

行動災害防止へ課題把握めざす 和気労基署
 岡山・和気労働基準監督署(三見明弘署長)は、「無理な反動・無理な動作」に起因する転倒などの労働災害が増加していることから、行動災害防止をテーマとした大会を全国で初めて開催した。同労基署と、管内の業界団体などで構成する災害防止団体等連絡協議会が、「課題や背景要因の的確な把握」や「身体機能の低下を考慮...
別窓で開く

はしごの転位防がず送検 雪囲い外す作業で労災 上田労基署
 長野・上田労働基準監督署は、令和4年5月に発生した労働災害に関連して、㈲菅平国際ホテルベルニナ(長野県上田市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで長野地検上田支部に書類送検した。移動はしごの転位を防止するための対策を講じていなかった疑い。 労災は、同社が経...
別窓で開く

バッグしてきたドラグ・ショベルに轢かれ片足切断 労働者を危険箇所に立ち入らせた建設業者送検 福岡中央労基署
 福岡中央労働基準監督署は、運転中の車両系建設機械に接触する危険のある箇所に労働者を立ち入らせたとして、建設業の共栄産業㈱(福岡県福岡市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。福岡市博多区の8階建てマンション解体工事現場において、同社の...
別窓で開く

高年齢労働者の健康障害防止を 労働衛生週間で説明会 転倒、腰痛予防へ取組み求める 池袋労基署
 東京・池袋労働基準監督署(白浜弘幸署長)は9月9日、IKE・Biz としま産業振興プラザで令和4年度全国労働衛生週間説明会を開催した。白浜署長は、「ガイドラインができて、高年齢労働者がたくさんいるという前提で健康安全対策を進めるよう求められるようになった。労働衛生週間内で転倒、腰痛など健康障害を減...
別窓で開く

残業代がきちんと払われない会社に労基署が入った結果…… とある30代女性の経験談
画像イメージ新入社員は、まさか自分の勤める会社がルールを守らないとは思っていないだろう。しかし、「残業代がきちんと払われてなかった」と衝撃を受けたことを打ち明ける30代前半の女性(広島県/事務・管理/年収200万円)。当時の出来事をこう綴っていた。(文:永本かおり)キャリコネニュースでは「社会人にな...
別窓で開く


[ 労基署 ] の関連キーワード

フランス アテネ