本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鳩山元首相、安倍氏国葬めぐる自民党内の異論を暴露 「永田町では…」
賛否分かれる安倍晋三元首相の国葬問題について、第93代首相の鳩山友紀夫氏が13日更新のツイッターで言及。自民党内にも国葬に異論があることを暴露し、「なぜ自民党は沈黙するのか」などと苦言を呈した。【ツイート】自民党内からも国葬に異論■元閣僚から連絡が鳩山氏は「同期の村上誠一郎議員から電話があった」とし...
別窓で開く

カルーセル麻紀 「ただ女になりたいって思ってただけよ。人になんと言われようと自分は自分だから」スポーツ報知単独インタビュー
 15歳でゲイボーイとして身を立て、夜の街と芸能界を華やかに渡り歩いてきたタレントのカルーセル麻紀(79)。自身をモデルにした直木賞作家・桜木紫乃さんの2部作の長編小説「緋(ひ)の河」「孤蝶の城」(ともに新潮社)で再び注目を集めている。...
別窓で開く

沖縄をハブとする東アジアの平和ネットワークを、日中韓の専門家が討論
沖縄県市町村自治会館(沖縄県那覇市)で7日、「沖縄をハブとする東アジアの平和ネットワーク形成をめざす国際シンポジウム」がオンライン・オフラインの両形式で開催され、日中韓3カ国の専門家らが熱い討論を繰り広げた。旅日僑網が7日付で伝えた。司会は沖縄県議会の山内末子議員が務め、自主・平和・民主のための広範...
別窓で開く

最低賃金引き上げ「31円」過去最大!と言われても...エコノミスト指摘「それより社員教育充実を」「日本の将来に自信を持たせよ」
「喜んでいいのか、それとも......」。今年の最低賃金の引き上げ額が物価高を反映して過去最大となった。ただ、それだけ引き上げても十分な賃金とはいえず、働く人には不満が残る。一方、使用者側、特に中小零細企業にとっては、コスト増を価格に転嫁できないところに人件費増が加わり、経営圧迫は避けられない。いっ...
別窓で開く

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(22)「全滅してからの方が再整備はやりやすい」というアキレた「破滅と終末」待望論
 当連載では都合21回にわたって都防災会議による新被害想定の大ウソを暴いてきたが、本編の締め括りとして、その舞台裏で秘かに囁かれ続けてきた「カタストロフ待望論」について記しておきたい。「カタストロフ」とは「破滅」「破局」「終末」などを意味するフランス語だが、この場合は「大地震がもたらす壊滅的な状況」...
別窓で開く

「すごい汗で、下着を1日に3組ぐらい取り替えて」 加賀まりこ78歳が明かす、“罰”と思うほどひどかった50代の更年期
「私の連れ合いの息子が、自閉症なんです。すごく可愛いのよ」 加賀まりこ78歳が60代で育んだ新しい“家族” から続く 17歳でデビューし、20歳でひとり、パリに逃避。写真家・立木義浩に乞われ、27歳でヌード写真集を出版。シングルマザーとして27歳の時出産した子は、わずか7時間でこの世を去った——...
別窓で開く

オミクロン新変異「ケンタウロス」は8月中に手がつけられなくなる!第7波がピークを打つ前に第8波が爆発
 オミクロン株亜種の「BA.2.75」、通称「ケンタウロス」と呼ばれる新変異株が、日本国内で不気味な広がりを見せている。 今年5月以降、世界各国での感染確認が相次ぐ中、神戸で国内初の感染者(1人)が確認されたのが7月12日。その後、19日には大阪で2人、21日には首都・東京で2人、さらに27日には愛...
別窓で開く

国内初「サル痘」感染者発覚!天然痘ワクチンの「有効性」と「持続性」には落とし穴があった
 WHO(世界保健機関)が全世界に向けて「緊急事態宣言(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言)」を発出してからわずか2日後の7月25日、厚生労働省は、日本国内では初となる「サル痘感染者(30歳代男性、欧州滞在中に感染者と接触)」が東京都内で確認されたと発表した。サル痘や天然痘などに詳しい感染症...
別窓で開く

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(21)離島を襲う「28メートル巨大津波」で観光客もろとも…それでも死者数「極少試算」の超ノーテンキ
 南海トラフ巨大地震(マグニチュード9クラス)が発生した際、島嶼部(大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、父島、母島)を襲うことになる「津波被害」について、都の防災会議はその「最大死者数」を678人(地震が冬の昼に発生した場合)から953人(地震が冬の早朝に発生した場合)...
別窓で開く

日本文化を堂々パクったK-POPの“黒歴史”、「公に議論すべき」との声が上がる理由…
2022年7月21日、韓国・韓国日報は「日本文化を無差別に剽窃(ひょうせつ)…K-カルチャーの黒歴史」と題した記事を掲載した。作曲家兼歌手のユ・ヒヨル氏が先ごろ、自身の楽曲が坂本龍一のものと酷似していることを認めた謝罪したが、その後も他の歌手に提供した曲や、自身のプロジェクト「TOY」としての曲にも...
別窓で開く