本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第69回。貿易収支の赤字基調は構造問題2021年8月以来、日本は貿易収支の赤字が続いている。2021年11月、2022年1月には、経常収支も赤字になった。経常収支は2022年2月には黒字化し...
別窓で開く

「1ドル=135円で日本は韓国より貧しい国に」ルーブルより価値が下がった円
2022年4月29日、韓国・ニュース1は、「日本は本当に韓国より貧しい国になるのか」と題した記事を掲載した。急激な円安が進み、最近ではロシア・ルーブルより大きな下落率を記録し、28日午後には1ドル=130.04円を記録した。130円を突破したのは20年ぶりだという。...
別窓で開く

企業規模別に大きな賃金格差がある。これは、小規模零細企業では労働組合の力が弱いからだと言われることが多い。しかし、労働分配率は、大企業のほうが低い。企業規模別の賃金格差は、生産性の差による。それは、資本装備率の差による。昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕す...
別窓で開く

世帯所得が年1000万円を超える世帯は、全体の12%強ある。他方、全体の半分の世帯の年収が427万円以下だ。50歳代だけをとると、世帯年収1000万円超が2割程度。他方、同年齢層の約半分が年収500万円以下だ。昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野...
別窓で開く

アメリカ先端IT企業の給与は、著しく高い。それは、従業員1人当たりの売上高が大きいことと、売上高に対する粗利益の比率が高いことによる。いずれも、従来型の製造業では実現しえない値だ。日本の賃金を引き上げるには、新しいタイプの経済活動に脱皮することが必要だ。昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人...
別窓で開く

先進国からの“脱落”警告、日本は危機に陥っているのか=韓国報道
KBS第1テレビ「イシューPICK先生と共に」は20日午後7時30分、「先進国からの脱落の警告、日本は危機なのか」をテーマに、早稲田大学国際教養学部のパク・サンジュン教授編を放送する。番組によると、最近、日本の学界や経済界を中心に、日本が近いうちに先進国の地位を失うことになるとの警告が相次いでいる。...
別窓で開く

アメリカでは、賃金と物価が上昇している。日本では、物価は上昇するが、賃金は上昇しないだろう。なぜなら、第1に、労働力がアメリカのように逼迫していない。第2に、企業の業績が悪く、賃金を上げる余力がない。昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏...
別窓で開く

日本は1970年代の初めに先進国の仲間入りをしたが、2000年頃以降、地位が低下している。このままいけば、先進国の地位を失いかねない。こうなるのは、円安のためでもあるが、経済が成長しないためでもある。中国工業化とIT革命という大変化に対応できなかったため、こうした事態がもたらされた。昨今の経済現象を...
別窓で開く

もはやリモートはリアルの代替ではない...日本経済再生のチャンス!
新型コロナウイルスの感染拡大によって、周知のとおりだが、リモートワークが広がっている。それ以外にも、リモート面会や面接、オンライン営業なども進んできた。本書「リモート経済の衝撃」(ビジネス社)は、この変化を前向きにとらえ、日本経済が再生する最後のチャンスだと訴えている。「リモート経済の衝撃」(野口悠...
別窓で開く

スマホは脳の無駄遣い?「プレジデント」の特集は「忘れない勉強法」
 1月28日発売の「プレジデント」(2022年2月18日号)の特集は、「『忘れない勉強法』大全」。記憶の達人ワザを紹介するとともに、脳科学を応用した効果的な学習法を伝授している。画像は「プレジデント」(2022年2月18日号) 今号の最大の読み物は、ニトリホールディングス会長兼CEO・似鳥昭雄氏とフ...
別窓で開く


<前へ12次へ>