本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



OPSは驚異の1.168!史上最年少三冠王・村上が圧巻の4部門制覇【表彰されざる男たち:セ・リーグ野手編】<SLUGGER>
個人タイトルの対象ではなくとも、選手個人の凄みが詰まった部門のベスト3を紹介する。今回はセ・リーグ野手編だ。(※率系部門は規定打席以上の27人を対象)■OPS(出塁率+長打率)1.村上宗隆(ヤクルト) 1.1682.牧秀悟(DeNA) .8613.丸佳浩(巨人) .859 史上最年少で三冠王に輝いた...
別窓で開く

【ベストナイン投票結果】セ三塁手はヤクルト村上宗隆が満票ならず DeNA宮崎に謎の1票 外野は激戦
 セ、パ両リーグは24日、ベストナインを発表した。全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者投票により選出された。 セ・リーグを見ると、球団別では、2年連続で優勝したヤクルト、リーグ3位の阪神から3人ずつが選ばれたが、今季リーグ4位に終わった巨人から選出がなかった。ベストナイ...
別窓で開く

【ベストナイン投票結果】巨人から7年ぶり6度目の選出ゼロ 得票はわずか6人、100票以上は丸佳浩だけ
 セ、パ両リーグは24日、ベストナインを発表した。全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者投票により選出された。 セ・リーグを見ると、球団別では、2年連続で優勝したヤクルト、リーグ3位の阪神から3人ずつが選ばれたが、今季リーグ4位に終わった巨人、同5位の広島から選出がなかっ...
別窓で開く

米国データ会社がプロ野球「最強守備選手」を発表! GGとの“一致率”は3名、西武二遊間はMLBより上!?
アメリカのデータ専門会社『Sports Info Solutions(SIS)』 は現地時間11月21日、2022年度のNPB版フィールディング・バイブル賞を発表した。同賞は2006年に創設され、データ分析に基づいて両リーグから一部門につき一人受賞者を選出しており、メジャーでは「真のゴールドグラブ」...
別窓で開く

阪神・糸原の秋季キャンプ不在は「異様な感じ」 球団OB持論「戦力として考えるのであれば...」
プロ野球楽天の元監督で阪神OBの田尾安志氏(68)が2022年11月1日にユーチューブチャンネルを更新し、秋季キャンプ不参加の阪神・糸原健斗(29)に言及した。阪神は10月31日に球団公式サイトで秋季キャンプ参加メンバーを発表。梅野隆太郎(31)、大山悠輔(27)の主力に加え日本ハムから移籍した渡辺...
別窓で開く

阪神・岡田新監督、森への発言に「自軍にも失礼」と批判 FA獲得拒否理由が物議、調査不調の“八つ当たり”と憶測も
2日から高知・安芸で秋季キャンプをスタートさせた阪神。同日に伝えられた岡田彰布新監督のコメントがネット上で物議を醸している。 報道によると、高知入りした1日に取材に応じた岡田新監督は、同日に西武のプロ9年目・27歳の森友哉がFA宣言したと報道陣から話題を振られる。だが、「全然考えてない。そんなん、い...
別窓で開く

阪神・岡田監督の「FA補強封印」は吉と出るのか 今オフ大物揃いの可能性も...現有戦力で戦える?
阪神・岡田彰布監督が今オフのFA補強を封印する考えを語った。秋季キャンプが行われる高知・安芸へ2022年11月1日に向かった岡田監督は報道陣からFA補強について聞かれ、否定的な見解を示したという。今オフは西武・森友哉が球団を通じてFA権行使を発表したほか、日本ハム・近藤健介らもFA権行使の可能性があ...
別窓で開く

山田杏奈、山で逞しく生きる少女に 『山女』映画祭版ビジュアル&三浦透子ら追加キャスト発表
山田杏奈、森山未來らが出演する映画『山女』が、10月24日から開催される第35回東京国際映画祭コンペティション部門に正式出品されることが決定。併せて映画祭版ビジュアルと追加キャストが解禁された。 本作は、『リベリアの白い血』『アイヌモシ?』で民族やルーツにフォーカスを当ててきた福永壮志監督の最新作。...
別窓で開く

超高齢化社会の日本が抱える不安が反映された事件を基にした社会派作品『茶飲友達』、来年2月公開へ
女優の岡本玲が主演を務める映画『茶飲友達』が、2023年2月に全国順次公開されることが決定。併せてティザービジュアルと特報が解禁された。 2013年10月、高齢者売春クラブが警視庁に摘発された。クラブの会員数男性1000名、女性350名、最高齢は88歳。まさに超高齢化社会の日本が抱える、老人の孤独死...
別窓で開く

イチロー、前田智徳、金本知憲…名選手が続々 「ドラ4位の法則」に当てはまりそうな“大化け候補”の実名
■「高校生の野手」が多い プロ野球の世界では「ドラフト4位の法則」と言われるものがある。これは、“ドラ4”で入団した選手が大成することが多いことを示した言葉だ。平成に入り、活躍した“ドラ4”は、前田智徳(広島)をはじめ、イチロー(オリックス)や中村紀洋(近鉄)、金本知憲(広島)、和田一浩(西武)、栗...
別窓で開く


[ 隆太郎 ] の関連キーワード

slugger セ・リーグ dena ヤクルト ops
イチロ mlb