本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“浦和の漢”を手ぶらで送り出すわけにはいかない——全員が戦闘態勢に。「残り1発」は天皇杯優勝に照準
 まるでスナイパーの口ぶりだった。 天皇杯準決勝のC大阪戦を12日に控え、就任1年目も最終盤を迎えた浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督は言った。「2つの大会で可能性はなくなったが、我々のライフルには残り一発の銃弾が装?(そうてん)されている。最後の一撃で天皇杯の目標を仕留めたい」 リーグ戦でのアジ...
別窓で開く


<前へ1次へ>