本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



楽天は早川隆久が中心の投手陣を構築すべき。ドラフト注目の富士大・金村尚真は1年目から2ケタ勝利も可能だ
チーム事情から見るドラフト戦略2022〜楽天編 クライマックス・シリーズ進出をかけて、熾烈な3位争いが続くパ・リーグ。楽天もその一角をしぶとくキープして、残り数試合となった。今季の成績を紐解いてみると、「ここがこうなっていれば......」と、思わず声が漏れてしまうのが、先発ローテーション投手の勝敗...
別窓で開く

テレ朝・森山みなみアナ、元アナウンサーの母と猛特訓 入社2年目“朝の顔”つかんだ努力と根性
 入社2年目のテレビ朝日・森山みなみアナウンサー(24)が、情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)で奮闘している。4月にアシスタントに就任。コメンテーターの玉川徹氏(59)や長嶋一茂(56)ら奔放な論客たちと朝から生トークを繰り広げる。「もっともっと(話の)引き出しを増やしていかな...
別窓で開く

 台風15号に関連し、静岡県内で住宅が水没したとする偽の画像がツイッター上で拡散していることが、同県への取材でわかった。 ...
別窓で開く

■過去30年間、成長を遂げてきたのが一転9月15日夕、貨物大手フェデックスは6〜8月期の決算速報を発表した。6〜8月期にかけて貨物取扱数量は減少し、同社の一株利益は予想を下回った。先行きに関して経営陣は、世界全体でコストカットを強化する企業は増え、世界の貨物輸送需要がさらに減少するとの懸念を表明した...
別窓で開く

左腕不足に苦しむロッテの救世主へ。3年目の飛躍へ向けて爪を研ぐ20年ドラ1左腕・鈴木昭汰<SLUGGER>
千葉ロッテの2020年ドラフト1位左腕・鈴木昭汰が、9月12日の日本ハム戦で今シーズン初勝利にしてプロ2勝目を挙げた。 初回、先頭からいきなり2者連続ヒットを浴びたが、そこから見事に立て直し、強気にストレートで押していくピッチングで6回3安打無失点に抑えた。7回表、松本剛、近藤、谷内亮太のクリーンナ...
別窓で開く

岐阜、法政大主将DF萩野滉大の来季加入内定を発表「応援される選手に」
FC岐阜は22日、法政大学DF萩野滉大の来季加入が内定したことを発表した。 2000年生まれで22歳の萩野は身長177センチメートルのDF。愛知県出身で、名古屋グランパスU−15、同U−18を経て、法政大学に進学している。 岐阜はクラブ公式サイトで同選手の特徴について「名古屋グランパスU−18在籍時...
別窓で開く

もしあの巨人戦でKOされていたら…中込伸が「山田勝彦のおかげ」と感謝する92年の覚醒秘話
1992年の猛虎伝〜阪神タイガース"史上最驚"の2位証言者:中込伸(前編)『タイガースの革命児』と題された写真集が、1992年12月に発売された。表紙には私服を着た中込伸、亀山努、新庄剛志の3人がそれぞれ配置され、帯には<闘う集団に変えた男たちの素顔>とある。さらには<中込のストレート、亀山のヘッド...
別窓で開く

「まさに大量出血!花火大会の最後の15分みたいにボンボンと…」 ジェーン・スー、野宮真貴らが明かした衝撃の“閉経物語”
「夫に言えない」「むしろ性欲から解放されて最高」「量が増えすぎて血まみれに」など…一般の方から募集した“閉経物語”に多くの声が寄せられました。 閉経や更年期症状と向き合う、松本孝美さん、野宮真貴さん、渡辺満里奈さん、そして堀井美香さん、ジェーン・スーさんが、自らの閉経物語を語りました。 『週刊文春W...
別窓で開く

「覚えていないんですよ、いつ閉経したか」「閉経した後も、生理周期でだるくなる」渡辺満里奈たちが語った“閉経”のリアル
「まさに大量出血!花火大会の最後の15分みたいにボンボンと…」 ジェーン・スー、野宮真貴らが明かした衝撃の“閉経物語” から続く「夫に言えない」「むしろ性欲から解放されて最高」「量が増えすぎて血まみれに」など…一般の方から募集した“閉経物語”に多くの声が寄せられました。...
別窓で開く

はなまるうどん中国撤退の裏側 刀削麺にビャンビャン麺、蘭州拉麺と激しい麺競争
セルフ式讃岐うどんのチェーン店「はなまるうどん」が、中国から撤退する。日本では「安価な外食チェーン」の代表格であるセルフ式うどんチェーンだが、中国の麺料理店はさらに安く、価格競争で苦戦が続いていた。新型コロナウイルスの感染拡大で中国の外食チェーンが総じて打撃を受けていることもあり、完全撤退を決断した...
別窓で開く