本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



不二製油グループ 北米油脂事業の拡大へ伊藤忠と合弁会社設立
不二製油グループは北米の植物油脂事業拡大に向けて新たな合弁会社を設立する。競争法に基づく手続きの完了を前提条件として、連結子会社のFuji Specialties,Inc.(米国デラウェア州、以下FSI)と、伊藤忠商事のグループ企業ITOCHU International Inc.(米国ニューヨーク...
別窓で開く

第2世代の豆乳チーズ「ソイデリス麹」発売 不二製油がぐるなびと共同開発
不二製油は、ぐるなびと共同で開発した豆乳チーズ「ソイデリス麹(こうじ)」の販売を開始した。「ソイデリス麹」は、不二製油の独自技術USS製法で作られた低脂肪豆乳を長年にわたって培ってきた発酵技術を用いて、乳酸菌と日本古来の麹菌でダブル発酵させた「第2世代」の豆乳チーズ。東京工業大学、ぐるなび、不二製油...
別窓で開く

進化する植物性食メニューを提供 有楽町でポップアップイベント 不二製油
不二製油は1日〜31日の1か月間、東京・有楽町にて「大豆で世界が変わる」をコンセプトにした期間限定ポップアップイベント「UPGRADE in micro FOOD&IDEA MARKET」を開催する。昨年秋に話題となった「UPGRADE in TOKYO」の第2弾で、オリジナルの大豆ミートや豆乳チー...
別窓で開く

プラントベースフード活況 スープ、パスタソースなど拡充 「第3のミルク」めぐり覇権争い
食品、飲料各社が秋冬商戦に向けてプラントベースフード(PBF)の新製品をエントリーしている。PBFは、動物性原料を使わず植物由来(プラントベース)の食品のこと。早くから欧米中心に広がってきたが、昨年から国内でも各社が新製品を発売。コロナによる健康志向の高まりもあり、今年は家庭用製品の展開が目立ってい...
別窓で開く

不二製油グループ オランダ・フードバレーに研究開発センター グローバルでオープンイノベーション推進
不二製油グループ本社は、オランダ・フードバレー地域に、フジグローバルイノベーションセンターヨーロッパ(以下、GICE)を設立した。ヨーロッパ初の研究開発センターとして、研究開発のグローバル化、イノベーションエコシステムの発展など、グループ全体の研究開発を加速させる。...
別窓で開く

スタートアップで新事業模索 健康、環境、大豆ミートなど照準
食品業界に「スタートアップ」により新たなビジネスモデルを構築しようとする動きが増えてきた。新技術やアイデアにより従来のビジネスモデルを超えた事業で成長を目指そうというもので、コロナの影響で営業戦略の転換が迫られていることも背景となっている。スタートアップとは、先進的な技術やアイデアにより従来のビジネ...
別窓で開く

ホラン千秋のグローバルな課題を、自分ごと化するコツとは? 注目のフードテックも
タレント、女優、キャスターとして、マルチに活躍するホラン千秋さん。地球環境、フードテック、サステナブルな街づくりなど、国内外のさまざまなSDGsの取り組みに関心を持つホランさんのグローバルな課題を、自分ごと化するコツとは?身近に引き寄せて考えると行動が変わる。TBSのニュース番組『Nスタ』のキャスタ...
別窓で開く

植物性食のキッチンカー「UPGRADE」枚方市に登場 積極出店へ 不二製油グループ
不二製油グループ本社は、プラントベースドフード(植物性食)メニューを提供するUPGRADE Plant based kitchenの新展開として、キッチンカーでの出店を開始する。第一弾として3月29日から31日に、大阪府枚方市のくずはモールに初出店している。...
別窓で開く

シアナッツのサステナビリティ調達 ガーナの女性協同組合とプログラム策定 不二製油グループ
不二製油グループはグループ会社のフジオイルガーナ社を通じて、ガーナ北部の16の女性協同組合とシアナッツのサステナビリティ・プログラム「Tebma-Kandu」を立ち上げた。同プログラムを通じて、ガーナにおける女性のエンパワーメントや森林再生など継続的な価値創出に貢献する。...
別窓で開く

相場展望3月15日号 米景気回復でNYダウ高、金利上昇でナスダック安 物色の流れは、ハイテク株売り⇒景気敏感株買い
■I.米国株式市場●1.NYダウの推移 1)3/11、NYダウ+188ドル高、32,485ドル  ・長金利上昇が一服しハイテク株が相場を牽引した。  ・バイデン政権の追加経済対策が3/11に署名・成立し、景気回復が勢いつくとの期待から景気敏感株を含めて幅広く買われた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>