本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



福岡ドームで実際の投球をリアルタイム体験! メタバースをけん引する企業が『METAVERSE EXPO JAPAN』に集結
InstagramやFacebookを運営するMeta社を中心に組織しているメタバースエキスポジャパン実行委員会が、27日・28日に「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を開催した。 メタバースとは、ユーザーがアバターを使って社会生活を送れる仮想空間のことだ。ここ数年、数多くの日本企...
別窓で開く

【プロ野球・球宴名場面 番外3】夢の復興支援球宴 日本人選抜VS外国人選抜 主役はやっぱりイチロー
 2リーグ分立翌年の1951年にセ・リーグとパ・リーグの対抗方式で産声を上げ、今年で72回目を数えるプロ野球「マイナビオールスターゲーム2022」が7月26日(福岡PayPayドーム)27日(松山・坊ちゃんスタジアム)に開催される。昭和から平成、令和…巨星たちが数多の名勝負を繰り広げてきた真夏の球宴...
別窓で開く

【プロ野球・球宴名場面(10)】自由契約から復活!苦労人・山本和範「故郷&古巣」福岡で涙のMVP弾
 2リーグ分立翌年の1951年にセ・リーグとパ・リーグの対抗方式で産声を上げ、今年で72回目を数えるプロ野球「マイナビオールスターゲーム2022」が7月26日(福岡PayPayドーム)27日(松山・坊ちゃんスタジアム)に開催される。昭和から平成、令和…巨星たちが数多の名勝負を繰り広げてきた真夏の球宴...
別窓で開く

西武からダイエーに来た根本陸夫は、ワクワクするスカウトの前で「ETC」の話を始めた
根本陸夫外伝〜証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実連載第32回証言者・小川一夫(2) 根本陸夫という人が戦力補強の中心にいる西武を、ライバル球団として見る──。1989年の初頭、ひとりの野球人がそう決意し、新たな仕事に取り組もうとしていた。同年からダイエー(現・ソフトバンク)のスカウトに就任し...
別窓で開く

豪華6大タイトルマッチの大阪城決戦!オカダ・カズチカ、BULLET CLUBリーダーのジェイ・ホワイトと一騎打ち
6月12日(日)、新日本プロレス『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』大阪城ホール大会が開催される。メインは、オカダ・カズチカとジェイ・ホワイトによるIWGP世界ヘビー級選手権。オカダはIWGP世界ヘビー4度目の防衛戦として、BULLET CLUBのリーダーであるジェイを迎...
別窓で開く

「俺が岩鬼にホームランを打たれるはずがない」現役プロ野球選手が水島新司を訴えた「ドカベン裁判」のその後
「毎月の飲み代は200万円」「活躍した選手には5万円」漫画家・水島新司“一番稼いでいた時期”の売れっ子ぶり から続く 西武ライオンズの現役選手が、漫画家の水島新司を名誉毀損で訴えた前代未聞の「ドカベン裁判」はどう決着がついたのか? その驚きの顛末を、水島新司を誰よりも敬愛する構成作家・オグマナオ...
別窓で開く

「メジャーリーグの記録を大きく上回った」米メディア、佐々木朗希が達成した完全試合の偉大さに言及!「アメリカのスカウトを魅了した」
ロッテの20歳右腕、佐々木朗希が4月10日にZOZOマリンスタジアムで行なわれたオリックス戦で完全試合を成し遂げて以来、日本の球界やメディアは彼の話題で持ちきりである。 それもそのはずだ。日本球界での完全試合は、槙原寛己氏(巨人)が1994年5月18日の広島戦(福岡ドーム)で達成して以来28年ぶりの...
別窓で開く

「MLB球団にマークされる」佐々木朗希が19Kで“完全試合”を達成!米メディアは「史上最高かもしれない」と熱視線
2019年ドラフト1位指名でロッテに入団した20歳の右腕が魅せた。 4月10日、ロッテの佐々木朗希が、本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行なわれたオリックス戦でプロ野球史上16人目の完全試合を達成。初回1番の後藤駿太をセカンドゴロ、2番のバレラをファーストゴロに打ち取ると、そこから5回3アウトを取る...
別窓で開く

「ササキが怪物的な試合をしている」佐々木朗希の“完全試合”に米記者も熱狂! 13連続含む19奪三振は「非現実的だ」
“令和の怪物”が改めてその異次元ぶりを見せつけた。 4月10日、ロッテの佐々木朗希は、本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行なわれたオリックス戦に先発登板し、プロ野球史上16人目の完全試合を達成。さらに1回2死から5回終了までは、日本新記録となる13者連続奪三振を含む19奪三振...
別窓で開く

「ノーヒットノーランのお祝いしてくれて…」ビッグボス新庄と六本木の夜
大学までプロから見向きもされず、野球の道を諦める寸前まで行ったが、社会人でサイドスローに転向し、プロ野球の世界へと進んだ川尻哲郎さん。1年目から8勝をあげ、1998年にはノーヒットノーランを記録。そしてこの年、川尻はもうひとつファンに鮮烈な印象を残す。...
別窓で開く


<前へ12次へ>