本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 防衛省は28日、米軍機訓練移転に伴う鹿児島県西之表市の馬毛島での自衛隊基地建設計画に関し、基地負担を受け入れる自治体への「米軍再編交付金」の対象に、同市と中種子町、南種子町の3市町を加えると発表した。具体的な交付額は今後決定する。 【時事通信社】...
別窓で開く

硫黄島に次ぐ「訓練の島」に? 鹿児島「馬毛島」とは 防衛省がゼロから開発するメリット
種子島の西に浮かぶ無人島「馬毛島」に、いま防衛省・自衛隊が注目しています。この小島を訓練のための一大拠点にしようという計画ですが、“訓練の島”としては、東京からはるか南の硫黄島が知られます。なぜ馬毛島なのでしょうか。使い勝手はいいけど遠すぎる硫黄島 東京から南へ約1200km。ここには、陸の孤島かつ...
別窓で開く

「軍事大国化の策動だ」北朝鮮、日本のF35B配備を警戒
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、日本の防衛省が最新型ステルス戦闘機を新たに導入しようとしていることに対して、「平和破壊策動である」と非難する論評を配信した。防衛省は、ステルス性に優れた最新型F35Bを宮崎県の新田原基地、F35Aを石川県の小松基地へ配備する予定だ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>