本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全国390か所の取水施設を緊急点検へ 愛知の漏水受け
愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工」で、大規模な漏水が起きた問題で、農林水産省は全国の国営取水施設390か所を緊急点検すると発表しました。金子農水大臣は、20日の会見で「全国の国営造営施設の頭首工、390か所について現場確認を行う緊急点検を実施する」と述べました。頭首工は、工業や農業用水を取り込...
別窓で開く

ペットの家族化により、動物病院の重要性はますます増している。ペットの健康と長生きを願う飼い主のニーズに、今の動物病院はどこまで応えることができているのか。専門医療への特化、DXによる快適な診療など、新しい変革が進むと同時に、飼い主は数ある動物病院の中で、「わが家のペットにとって最もいい病院とは?」と...
別窓で開く

「狂犬病」島国の日本は“清浄国”だが世界では毎年5万人超が死亡【感染症別 正しいクスリの使い方】
【感染症別 正しいクスリの使い方】狂犬病 去る4月、「狂犬病」が話題になりました。ウクライナから日本に来た避難者が帯同したペットの犬に対し、農林水産省が狂犬病対策をすることを条件に検疫施設での待機期間を大幅に短縮したのです。 通常であれば、海外から日本に犬を連れてくる場合は、狂犬病にかかっていないか...
別窓で開く

和食だって難しくない…伝統継承に向けて農水省がレシピ動画、学校給食には郷土料理
 和の味わいを楽しんで——。2013年に国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「和食」は、海外で認知度が上がる一方、国内では調理が難しいとのイメージから敬遠されがちだ。食文化として次世代に伝えようと、農林水産省が郷土料理のデータベースを作る...
別窓で開く

中国で、高層ビルで豚を飼育する「養豚ビル」が急速に普及している。広東省では今秋、年間35万頭を飼育できる17階建ての豚舎が完成予定だという。なぜこうした手法をとっているのか。フリージャーナリストの姫田小夏さんがリポートする——。■17階建てのビルに数万頭の豚がひしめき合う畜産に力を入れる中国広東省で...
別窓で開く

逆風続きの今、企業が生き残るためのヒントを、100年以上続く老舗から探る!
資源価格の高騰に、約20年ぶりとなる記録的な円安水準。コロナ禍に加えて逆風が相次ぎ、日本企業を取り巻く環境は厳しさを増している。そんななか「混迷が深まる今こそ、幾多の危機を乗り越えて存続する老舗企業の経営戦略から学ぶべき」と指摘するのが、東洋経済新報社の編集委員で、『何があっても潰れない会社 100...
別窓で開く

年間300本以上の取材に対応!? 各局のニュース番組が「スーパーアキダイ」を取材し続ける“納得の理由”
「『儲かっているでしょ?』なんて言われますが…」TV番組でおなじみ“スーパーアキダイ”社長の“意外な実生活” から続く 天候不順による野菜の高騰、レジ袋の有料化、消費税の増額といった、生活に直結するニュースが出るたびに、「スーパーアキダイ」社長の秋葉弘道氏は、市井の景況感についてコメントを求めら...
別窓で開く

離乳食には手間と時間がかかる。少しでも楽にできないのか。小児科医の森戸やすみさんは「レシピ本や育児書を見ると、10倍粥から始めて徐々に濃いお粥にするといった大変そうなものが多い。だが、そこまで時間や手間をかける必要はない」という——。■「手作りだからいい」「買ってきたからダメ」とは言えない子供の食事...
別窓で開く

農林水産省は4月18日、ロシアの侵攻下にあるウクライナからの避難民が連れてきたペットについて、「狂犬病予防法に基づく防疫体制を一部見直し、特例措置を適用する」と発表しました。しかし、政府のこの対応には、数十年ぶりに狂犬病が発生しないかといった声が多く上がっていました。そこで農林水産省は20日、報道各...
別窓で開く

5月は緑茶の季節。唱歌「茶つみ」に歌われる「八十八夜」は、立春から数えて、88日目の5月2日前後。農家にとっては種まき、お茶農家にとっては新茶の季節だ。最初に摘まれる新芽は、新茶(一番茶)と呼ばれ、品質が高く甘みがあって人気だ。お茶の味は水にも左右されるという。「茶は水が詮(せん)」という言葉がある...
別窓で開く


[ 農林水産省 ] の関連キーワード

スーパーアキダイ タワー 農水省