本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



グローバル化に成功していると思う日本企業 1位はやっぱり「世界のトヨタ」、2位に「ユニクロ」
やっぱり、「世界」のトヨタだ——。海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima〜出島〜」などの運営を手がける株式会社Resorz(東京都新宿区)が「グローバル化に成功していると思う日本企業」のイメージ調査を実施したところ、1位にトヨタ自動車が輝いた。2021年10月15日の発表。...
別窓で開く

クリス・プラットのマリオ役に「想像できない」と批判の声 本人は「夢が叶った」と喜ぶ
2022年12月21日に北米で公開予定のアニメ映画『スーパーマリオブラザーズ』で、マリオの声を俳優クリス・プラットが務めることが発表された。しかし世界各国で親しまれている“マリオ”とあって「想像できない」といった批判の声があがっているようだ。...
別窓で開く

アニメ映画『スーパーマリオ』のニュースを聞いた母親からのメッセージ 「それよりもバッテリー残量が気になる」「お母さんの情報は正確」
あるTwitterユーザーが投稿した「アニメ映画『スーパーマリオ』のニュースを聞いた母親からのメッセージ」の写真がちょっとした話題となっています。https://twitter.com/carterhambley/status/1441172638366199814その写真がこちらです。...
別窓で開く

「このキャスティングは議論を呼ぶよね」「他の選択肢があったと思うけどね」 アニメ映画『スーパーマリオ』でイタリア系ではないクリス・プラットがマリオの声を担当すると聞いた人たちの反応
9月24日に任天堂からアニメ映画『スーパーマリオ』の声優陣が発表されました。マリオ=イタリア人というイメージが定着しているからか、SNSではイタリア系ではないクリス・プラットがマリオの声を担当すると聞いた人たちからの疑問の声が多数見受けられました。...
別窓で開く

任天堂がアニメ映画『スーパーマリオ』の公開時期と声優陣を発表 「キャスト凄すぎ」「マリオがイタリア系じゃないのは大間違い」
9月24日、任天堂はイルミネーションと共同制作しているアニメ映画『スーパーマリオ』の公開時期と声優陣を発表しました。https://twitter.com/Nintendo/status/1441168311979417609北米で2022年12月21日公開予定の本作は、任天堂の宮本茂氏とイルミネー...
別窓で開く

「Baby Shark」や「鬼滅の刃」に見る韓国のパクリ精神 アニメやゲームでは反日不買も不可能も、反日無罪は相変わらず
(羽田真代:在韓ビジネスライター) 2019年から日本製品不買運動が開始された韓国。しかし、ゲームの世界は別のようで、2020年に発売された任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」は発売開始早々に品切れを起こし、一時期は「マスクよりも入手が困難だ」と言われた。...
別窓で開く

「スーパーマリオ」ハリウッド版映画が2022年公開決定! クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイら豪華キャストが明らかに!!
YouTube任天堂は、ハリウッドで製作される「スーパーマリオ」の新作アニメ映画を2022年のホリデーシーズンに公開することが決定、あわせて登場キャラクターの声を担当する豪華キャストを発表した!「スーパーマリオ」のアニメ映画が2022年ホリデーシーズンに公開決定。北米では2022年12月21日公開。...
別窓で開く

クリス・プラットがマリオに!「スーパーマリオブラザーズ」アニメ映画のボイスキャストが豪華すぎる
任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」を、『ミニオンズ』のイルミネーションがアニメ映画化。豪華すぎるボイスキャストが発表された。 Varietyによると、世界で人気のゲームキャラクター、マリオの声を演じるのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのクリス・プラット。ピーチ姫には、『...
別窓で開く

「スーパーマリオ」のアニメ映画、北米で2022年12月に公開
任天堂「スーパーマリオ」のアニメ映画が、北米で2022年12月21日に公開されることが発表された。あわせて、マリオなど登場キャラクターの声を担当するキャストが明らかになった。 マリオ役は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスター・ロード役や『ジュラシック・ワールド』シリーズのオーウェン...
別窓で開く

中国ゲーム業界躍進の裏側にある“不公平な商慣習”とクールジャパン戦略の失敗
 東京オリンピック開会式で、各国入場の際に日本が世界に誇るゲーム音楽が流れ(ただし任天堂以外)、ゲームに造詣のある人も流行りゲーしかやらない人も総立ちになって「これぞ日本だ」と思ったのではないでしょうか。 実際、日本のゲーム産業という観点から言うならば、一時期の「ゲーム産業は欧米や中国に抜き去られて...
別窓で開く


<前へ12次へ>