本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ここ数年、芸能関連のニュースでよく目にするのが「○○が所属事務所を退所」という記事。特に俳優系の方々に多い印象を受けます。例えば最近では、岡田健史、山下リオ、賀来賢人、清野菜名、竹野内豊、伊藤英明などなど、ちょっと前には、米倉涼子、長瀬智也、山下智久、剛力彩芽などの「退所・移籍ニュース」が伝えられた...
別窓で開く

デパ地下には人気のスイーツや総菜売り場のほか、野菜や鮮魚、精肉を扱う生鮮コーナーもある。一般的なスーパーに比べて価格水準は高いが、何が違うのか。コラムニストの矢部万紀子さんが、高島屋の野菜売り場にスポットを当てた——。■「デパ地下の野菜」は何が魅力なのか料理好きの知り合いに「材料はどこで買うか」と尋...
別窓で開く

「山崎」という名字、西日本では「やまさき」読みが多いのはなぜ?
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月23日放送分のテーマは「連濁」です。ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」2つの言葉が結びついて1つの言葉になった場合、後ろの言葉の読み方が濁音になることを「連濁(れんだく)」と言います。...
別窓で開く

"正しい"より"優しい"が尊い。菅野美穂さんが27歳だったころ
 27歳のころ何に迷い、何に悩んでいたか、覚えているだろうか。そして、その時の選択は正解だったと胸を張って言えるだろうか——。 本書『わたしたちが27歳だったころ』(講談社)は、俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサーなど、さまざまな分野で活躍している女性たちに「27...
別窓で開く

同じ名字でも、読み方に「濁るもの・濁らないもの」があるのはなぜ?
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月22日放送分のテーマは「名字の雑学」です。※画像はイメージです同じ名字でも、読み方が濁るもの・濁らないものがあります。例えば「中島」という字でも、「なかじま」と「なかしま」など、読み方が異なる場合...
別窓で開く

故松田優作の妻・松田美由紀の「家族への誠実さ」発言に厳しい声が飛び交ったワケ
 故・松田優作さんの妻で女優・松田美由紀が9月25日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。その時の発言にブーイングが飛び交っている。 美由紀は姉で女優の熊谷真実、長女で歌手の松田ゆう姫と鼎談。非常に珍しい、姉と娘によるトークが展開されると、話題は1989年に40歳の若さでこの世を去った優作さ...
別窓で開く

 故大山康晴15世名人の弟子で引退棋士九段の有吉道夫(ありよし・みちお)氏が27日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。87歳。岡山県備前市出身。通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日午後1時から、いずれも兵庫県西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。 史上2位のタイ...
別窓で開く

引退棋士九段の有吉道夫氏が誤嚥性肺炎で死去 87歳 羽生九段「気さくで朗らかな先生でした」
元日本将棋連盟常務理事で、引退棋士九段の有吉道夫(ありよし・みちお)氏が27日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。87歳。岡山県備前市出身。葬儀・告別式は30日午後1時から兵庫県西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。有吉九段は故大山康晴15世名人の門下で、1955年(...
別窓で開く

有吉道夫さん死去=将棋引退棋士・九段
 有吉 道夫さん(ありよし・みちお=将棋引退棋士・九段)27日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去、87歳。岡山県出身。葬儀は30日午後1時から兵庫県西宮市高畑町2の25のエテルノ西宮で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。 大山康晴十五世名人の門下で、55年に四段に昇段しプロ入り。72年度の棋聖戦で初タイト...
別窓で開く

将棋元棋聖、有吉道夫さん死去 87歳 「火の玉流」通算1088勝
 「火の玉流」と称された攻めの棋風で、長く一線で活躍した将棋九段の有吉道夫(ありよし・みちお)さんが27日、誤えん性肺炎のため死去した。87歳。通夜は29日午後6時、葬儀は30日午後1時、兵庫県西宮市高畑町2の25のエテルノ西宮。喪主は妻美智子(みちこ)さん。 岡山県備前市出身。1951年、故大山康...
別窓で開く


[ 美智子 ] の関連キーワード

高島屋 美由紀 まさき 西日本