本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



〈本日最終回〉SNSで「反省会」タグが盛り上がるも、最終回目前で“神展開”…『ちむどんどん』で「一貫していたこと」
 9月27日の連続テレビ小説『ちむどんどん』第122話は、主人公・暢子の母親・優子の元に、優子の姉の最期を看取った大里五郎が自分の娘を連れて訪れる様子が描かれた。思わず息を呑んだのは、大里を演じた俳優・草刈正雄の演技があまりに見事だったからだけではない。...
別窓で開く

『ちむどんどん』仲間由紀恵がヒロインになるべきだった?「よっぽど朝ドラ向き」
仲間由紀恵 (C)まいじつ9月30日に最終回を迎えるNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』。27日の放送では、女優の仲間由紀恵が演じる母・優子が、亡き姉の最期を知る展開になった。同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)がふるさとから料...
別窓で開く

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock 9月28日放送のNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・暢子(黒島結菜)がとった〝ある行動〟に、視聴者から困惑の声が続出している。同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、ヒロ...
別窓で開く

『ちむどん』最終回3日前で“神回”も「唐突すぎる」「もったいない」と批判止まず厳しい大逆転
9月30日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。本作は、黒島結菜(25)演じるヒロイン・比嘉暢子が料理人を目指し、4兄妹の絆を描いたストーリー。27日の放送回では、草刈正雄(70)が次女の草刈麻有(29)と親子役で登場し、圧巻の演技を見せた。「東京から沖縄・やんばるに移住した暢子は、...
別窓で開く

『ちむどんどん』最終週で評価が一変?「母親がヒロインがよかった」沖縄戦に触れ絶賛、皮肉の声も
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第122回が27日に放送された。 第122回は、フォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた。暢子(黒島結菜)は再会を大いに喜ぶ。だが、房子がやってきた目的は、優子(仲間由紀恵)にある人を引き合わせるためで——というストーリーが描かれた。※以...
別窓で開く

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第122話が9月27日に放送。ベテラン俳優が多数出演したことで、〝ヒロイン不要論〟が改めて浮上しているようだ。...
別窓で開く

「ちむどんどん」草刈正雄の演技は最高! 登場はやや唐突だが...いい話なのでOK
NHKの朝ドラ「ちむどんどん」9月27日放送回。フォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)が相談があるといって、やんばるやってきた。房子にずっと、沖縄に来て欲しいと願っていた暢子(黒島結菜)は再会を大いに喜ぶ。(ネタバレあり)房子が連れてきたのは、大里五郎(草刈正雄)。突然すぎて、なにがなんだかとい...
別窓で開く

明日の『ちむどんどん』 房子、沖縄やんばるへ 優子にある人を引き合わせる
黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の最終週「やんばる!ちむどんどん!」(第122回)が9月27日に放送される。■第122回あらすじ 暢子(黒島)は、母・優子(仲間由紀恵)たちと暮らす比嘉家で食堂を開きたいと思いつく。周りの温かい協力を得て、...
別窓で開く

暢子に歌子、最終週もトラブル続出? そして兄・賢秀も駆けつける 【ちむどんどん第25週の見どころ】
暢子(黒島結菜)の一家が沖縄・やんばるに移住してから1年が経った。母・優子(仲間由紀恵)とともに実家暮らしではあったが、暢子はもちろん、夫の和彦(宮沢氷魚)もかねてから思い入れのある沖縄での生活に満足し、息子の健彦(三田一颯)も順調に成長している。暢子の楽しみは、畑で収穫した野菜を家で料理すること。...
別窓で開く

明日の『ちむどんどん』 出産間近の暢子に賢秀&清恵から驚きの報告
黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第22週「豚とニガナは海を越えて」(第115回)が9月16日に放送される。■第115回あらすじ 暢子(黒島)の店『沖縄料理ちむどんどん』が営業を再開して1か月。矢作(井之脇海)、歌子(上白石萌歌)も献身的...
別窓で開く


[ 美枝子 由紀恵 ] の関連キーワード

由紀恵

<前へ123456次へ>