本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 全国高校総合体育大会は10日、愛媛県武道館などで行われ、柔道女子の78キロ超級は山本海蘭(山梨・富士学苑)が制した。78キロ級は川崎愛乃(同)、70キロ級は本田万結(滋賀・比叡山)、63キロ級は水間仁子(佐賀・佐賀商)がそれぞれ優勝した。 アーチェリーの団体は男子が柏陵(福岡)、女子は大津商(滋賀...
別窓で開く

柔道女子団体、滋賀・比叡山が準優勝…一瞬のすきに畳に沈んだ大将「力は出し切れた」と涙
 全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)は9日、徳島、香川、愛媛の3県で体操、柔道、弓道、アーチェリーの4競技が行われ登山の成績が発表された。  滋賀県勢は、柔道女子団体で比叡山が決勝に進出し、富士学苑(山梨)に敗れて準優勝...
別窓で開く

浅井長政、信長への反攻期す書状…大敗とされる「姉川の戦い」後の戦略示す発見
 現在の滋賀県長浜市を拠点にした戦国武将・浅井長政(1545〜73年)が、織田信長と戦っていた陣中から出した書状が見つかった。同市西浅井町の寺院に課税免除や寺領を保証する内容で、発表した長浜城歴史博物館は「影響力を持つ寺院を味方にしようとした長政の『対信長戦略』が...
別窓で開く

幼少期から厳しく当たられ、恨みに近い感情を持ってきた親に介護が必要になったとき、娘・息子はそれを引き受けるべきなのか。長い間厳しい父との関係に悩んできた天台宗僧侶の髙橋美清さんは「介護がつらくて悩んでいる方に『今から親を愛しいと思え』と言っても無理な話です。私の場合は、相手に感謝を求めなくなったこと...
別窓で開く

「このままでは危ない」恐怖のあまり耳を塞ぎ…「究極の心霊スポット」に取り残された男性は何を聞いてしまったのか
 京都・蓮久寺の三木大雲住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされている、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。そんな実話や自身の体験など、現代の怪談、奇譚の数々を収めた『 怪談和尚の京都怪奇譚 宿縁の道篇 』(文春文庫)より、背筋も凍る「究極の心霊...
別窓で開く

どうすれば人を動かせるのか。日本電産の永守重信会長は「私はよく『人に教えるときには千回言行』と言っている。だから同じ内容のメールを連日1週間、送り続けたこともある。どんな人であっても、毎日メールを送り続ければ、いつかかならず返ってくるからだ」という——。(第2回)※本稿は、永守重信『人生をひらく』(...
別窓で開く

春の悔しさ胸に近江が聖地へ エース山田「達成感があります」 京都国際・森下のメッセージで発奮
 ◇第104回全国高校野球選手権滋賀大会・決勝 近江4—1立命館守山(2022年7月29日 皇子山) 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の地方大会は29日、4大会で新たに出場校が決まった。滋賀大会では今春選抜大会準優勝の近江は山田陽翔投手(3年)の力投で立命館守山を破り...
別窓で開く

元サッカー少年の挑戦「サッカーを諦めた心残りを消して、夢のある競輪で師匠を追い抜く!」
 高校3年の夏、インターハイでの敗戦を最後に小学校から続けてきたサッカーに区切りをつけた。 選手権までやり切れなかった——。そんな後悔から自転車を始め、一度はプロチームに所属するも競輪への思いを強め、今年の春から養成所へ。 懸命にいまを生きる24歳が思い描く、将来の夢。——サッカー少年だったそうです...
別窓で開く

夏の観光プランに!『鎌倉殿の13人』大河ドラマの感動に浸れる聖地を一挙紹介
源頼朝が急逝し、13人の御家人の権力闘争を描く新章へ突入したNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。物語の盛り上がりとともに、舞台の中心となる鎌倉には、主人公の北条義時や頼朝などの足跡に触れようと多くの人が訪れている。「鶴岡八幡宮の境内にある大河ドラマ館には、3月1日の開設以来、月平均で約2万5千人が訪...
別窓で開く

濃すぎるくらいがいい? 路線バス会社のマニア向けツアーなぜ 減収補うよりも重要な目的
コロナ禍以降、バス会社などが自ら企画した、ならではのマニアックなファン向けツアーが各地で開催。長らく低迷してきた需要が回復してきた今も続ける事業者は、減収を補う以外の“真の目的”を持って行っています。バス会社ならではのバスファン向けツアー 移動需要を壊滅させた新型コロナウイルスの流行から2年以上が経...
別窓で開く


[ 比叡山 ] の関連キーワード

大河ドラマ 日本電産

<前へ123456789次へ>