本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



民主主義としてはひとつの前進? 命懸けの大きな事件、中国「白紙革命」の意義
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「白紙革命」です。現体制に影響はなくても、将来、分岐点になるかも。昨年11月、中国で白い紙を掲げ、ゼロコロナ政策に抗議する運動が広がり、「白紙革命」「白紙運動」と呼ばれました。...
別窓で開く

中国は民主化すると思いますか?「白紙運動」の参加者はどう答えたか 中国のネット検閲を壊すこと、それは「21世紀のベルリンの壁」の崩壊
(馬 克我:日本在住中国人ライター) 中国における白紙運動はすぐさま収束したようであるが、人の心は、掲げていた白い紙を下ろしても簡単に変わるものではない。白紙運動は、天安門事件以来、唯一、中国全土で政治的スローガンが叫ばれる抗議運動となった。 中国人は一体どのように白紙運動に参加し、この抗議運動をど...
別窓で開く

習近平は毛沢東になりたいのではないか ゼロコロナ政策転換、経済減速で疑問が残る“かじ取り”
ジャーナリストの佐々木俊尚が1月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。中国の2022年のGDP成長率が予想を下回り3%を記録した背景について解説した。...
別窓で開く

シマエナガブーム火付け役の写真家が、死の直前まで撮っていた“モフモフの小動物”って?
『毎日小学生新聞』(毎日新聞社)で連載執筆中、NHKの番組でも作品が紹介されるなど、注目の高校生動物写真家・藍沙さんが、自身の師匠であり、一昨年急逝した動物写真家の小原玲さんについて語った。愛くるしい北海道の野鳥、シマエナガのブームの火付け役であった小原さんが、最後に撮ったかわいすぎる被写体とは? ...
別窓で開く

「白紙革命」とは、昨年11月末に中国の複数の都市で起きた抗議集会。言論統制を皮肉り、白紙を掲げて抗議したことに由来する。当初、ゼロコロナ政策への抗議だったが、その後、政府批判や習近平政権の退陣要求に発展し、世界中が注目。そして、その抗議の波は日本にも及んだのだった!◆日本に渡った「天安門2世」が抗議...
別窓で開く

出稼ぎの最終形態......娘を外国人と結婚させて豪邸建設。ベトナム「花嫁村」の知られざる実態!
近年、増加の一途をたどる在日ベトナム人。その中には日本人男性と結婚した女性も多く含まれる。そんな中で、ルポライター・安田峰俊(やすだ・みねとし)氏が注目しているのが、ベトナムに散在しているという、娘を韓国・台湾など近隣諸国に嫁がせることで潤う「花嫁村」とでも呼ぶべき集落だ。...
別窓で開く

白紙運動で流れは変わるか? 習近平政権、3期目に突入
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「習近平政権3期目」です。独裁体制の続く中国。白紙運動で流れは変わるのか。10月23日に中国で習近平政権の3期目が始まりました。中国の政治は、毛沢東後は、共産党幹部たちが複数人で協議をし、最終...
別窓で開く

中国ゼロコロナ抗議デモがSNSで拡散…日本の論客が懸念する事態とは
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「GENERATION」のコーナーでは、ゼロコロナ抗議デモに見る“中国の現状”について、視聴者を交えて議論しました。...
別窓で開く

2019年11月、香港で発生した逃亡犯条例改正反対デモで最多となる1377 名の逮捕者を出した香港理工大学包囲事件。デモ参加者として学内でその様子を撮影した『理大囲城』は香港では上映禁止となったものの、世界の映画祭を席巻。今回は、同作品を監督した「香港ドキュメンタリー映画工作者」に撮影時のエピソード...
別窓で開く

「ゼロコロナ政策緩和」せざるを得なくなった習近平政権の「危うい現状」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が12月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼロコロナ政策を緩和せざるを得なくなった習近平政権の現状について解説した。...
別窓で開く


[ 天安門 ] の関連キーワード

ベルリン ベトナム 毛沢東