本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ANA会見はマスク「なし」、JALは「あり」 対応分かれた理由と、今後の「機内着用」方針を聞いた
ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)が2023年2月2日、23年3月期第3四半期(22年4〜12月期)の連結決算をそれぞれ発表した。ANA HDの最終損益は626億円の黒字、JALは163億円の黒字だった。前年同期はそれぞれ1028億円の赤字、1283億円の赤字で、ともに4〜12月期と...
別窓で開く

 ANAホールディングス(HD)と日本航空が2日発表した2022年4〜12月期連結決算(日航は国際会計基準)は、いずれも最終利益が3年ぶりの黒字となった。新型コロナウイルスの水際対策が大幅緩和され、訪日外国人客を中心とする国際線需要が戻ったことが要因。23年3月期の業績予想については、明暗が分かれた...
別窓で開く

航空2社、3年ぶり黒字=訪日客らの需要回復—22年4〜12月期
 航空大手2社の業績が復調している。ANAホールディングス(HD)が2日発表した2022年4〜12月期連結決算は、純損益が626億円の黒字(前年同期は1028億円の赤字)だった。また、日本航空の純損益(国際会計基準)は163億円の黒字(前年同期1283億円の赤字)。両社とも同期としては3年ぶりに黒字...
別窓で開く

日本はなぜ「激レアなジャンボ機」が誕生? 多数派となにが違った? 背景ある特殊事情
シリーズ最終号機が引き渡され歴史に幕を下ろしたジャンボ・ジェットこと「ボ—イング747」。ここ日本は747の一大マーケットだっただけではなく、いくつか特別な747派生型を使用していた国でもあります。そもそも「747は長距離向け機」「ジャンボ機(ジャンボ・ジェット)」の愛称をもち、半世紀以上にわたり、...
別窓で開く

【追悼】鮎川誠さん「愚直なロックンローラー」の素顔…自分に嘘つかず、好きなものに一途
(鮎川誠さん(C)日刊ゲンダイ)「ロックの世界はタイムレス、エイジレス。もうなんちゅうか輝いとるもんが勝ちっていうような世界やけんさ。そんな中に自分らもまだおれることが本当にありがたい」 このほど74歳で亡くなった「シーナ&ロケッツ」のギタリスト鮎川誠さんは生涯、ロックし続けた。...
別窓で開く

半世紀超の「ジャンボ機」の歴史が完結 「ボーイング747」最後の1機が納入…全世界が注目の”納入式”が圧巻!
積み重ねてきた数字が、とんでもないものばっかりです…。1億1800万時間以上飛行 1967年に初号機の製造が始まり、その後「ジャンボ機(ジャンボ・ジェット)」や「空の女王」として世界の航空・旅行ファンなどに親しまれた「ボーイング747」。この最終号機が2023年1月31日に顧客に納入され、50年以上...
別窓で開く

延期繰り返し「売り」を失ったスペースジェット、なぜ国は支援できなったのか 【後編】頓挫した「日本の翼」、どう出直せばいいのか
前回の記事「『塩漬け』にされた国産ジェット旅客機開発、三菱重工に欠けていた視点とは」では、「スペースジェット(旧MRJ)」を開発した三菱重工業が最大のライバルとなるブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを過小評価していたのではないかと述べた。...
別窓で開く

JAL、約20年ぶりの新国際線主力機「A350-1000」導入計画、ついに公開! 客室新仕様&NY線で
ついにきました!空港機能も強化 JAL(日本航空)が2023年冬ダイヤ期間(10月末から3月末)内に、新たな長距離国際線フラッグシップ機「A350-1000」を羽田〜ニューヨーク線に投入すると2023年1月31日に発表しました。JALの長距離国際線フラッグシップが刷新されるのは、約20年ぶりとのこと...
別窓で開く

「これは私の去年のスイングです(笑)」 渋野日向子がイベントで挑戦した“初レッスン”…気になるその内容は?
「やったことないです。むしろ苦手。自分のこともわかっていない状態なので(笑)」こんな前置きとともに、週末の銀座で“渋野日向子スペシャルレッスン”が始まった。これは先週27日に、渋野が出演した日本航空(JAL)主催のファンイベントでの一幕だ。抽選に当たり会場に集まった人たちと、オンラインでトークショー...
別窓で開く