本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【日本ハム】昨季は新庄監督が「トライアウト」と位置付けて1年を戦ったが、今季は3月のオープン戦からスタメンを固定する方針。キャンプ初日から紅白戦を組んでメンバーを見極める。 最下位からの躍進には投打で底上げが必須。近藤が抜けた穴が大きい外野では、長打のある万波、今川が好機を生かせるか。投打二刀流の...
別窓で開く

【WBC出場国データ&展望】B組・最強侍のライバルは? 米国、韓国より注目の「死のD組」3カ国
 3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンの全30人が26日、正式に発表された。6日に先行発表されていた12人に加え、新たに西武・山川穂高内野手(31)、巨人・岡本和真内野手(26)ら18人が決定。投手はWBC日本代表では過去最多の15人で、球数制限がある大会...
別窓で開く

近藤、嶺井、オスナに有原航平まで... 「資金面で敵わない」ソフトバンク金満補強に他球団嘆き
ソフトバンクが米大リーグ・レンジャーズ傘下3Aを自由契約となった有原航平を獲得すると、2023年1月6日にスポーツ紙で一斉に報じられた。スポーツ紙記者が舞台裏を明かす。「有原は米国残留か、日本球界復帰か迷っていたようです。メジャー復帰が厳しい状況で、国内の複数球団が獲得に興味を示す中、ソフトバンクは...
別窓で開く

《MLB》124億円・吉田正尚(29)が103億円・千賀滉大(29)の契約を超えたワケ「固執した最高金額」と「譲れなかった最低金額」〈出来レース説も…〉
 プロ野球オリックスからポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指していた吉田正尚外野手(29)が5年総額9000万ドル(約124億円)でレッドソックスとの契約に至った。 ポスティング公示から、わずか1日での電撃決着。近年、筒香嘉智、秋山翔吾(現広島)と日本人は外野手でもMLBでは苦戦しているに...
別窓で開く

筒香・澤村・有原「NPB復帰」ならどの球団に? 高木豊氏が大胆予想...「魅力を感じない」指摘も
プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(64)が2022年12月5日にユーチューブチャンネルを更新し、大リーグでフリーエージェント(FA)となった有原航平投手(30)、筒香嘉智外野手(31)、澤村拓一投手(34)の去就に言及した。...
別窓で開く

押しつけ、型にはめる指導では限界...プロ野球の名コーチは「教えない」
大谷翔平選手や佐々木朗希選手など、野球界にはかつての常識を覆すような才能が次々と現れている。彼らを成長に導くのは、従来のコーチング論とは一線を画した、新しい指導スタイルだ。本書「『名コーチ』は教えない」(集英社新書)は、優れた職能を認められたプロ野球の現役指導者6人に取材したものだ。...
別窓で開く

最強だと思うプロ野球の歴代助っ人外国人ランキング 1位はランディ・バース
歴代のプロ野球助っ人外国人で、最強だったと思うのは?という調査についてです。「特にない」の33.3%を除くと、総合ランキング1位は「ランディ・バース」で50.7%、2位は「ウォーレン・クロマティ」で16.9%、3位は「アレックス・ラミレス」で13.1%、4位は「アレックス・カブレラ」で8.6%、5位...
別窓で開く


<前へ1次へ>