本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)北は北海道から南は九州まで、列車の車内から見られる珠玉の絶景車窓を紹介『日本全国絶景車窓ガイド』を刊行
インプレスグループで鉄道・旅・歴史などのメディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山手章弘)は、2024年2月16日に、旅鉄ガイドシリーズ第6巻『日本全国絶景車窓ガイド』を刊行いたしました。鉄道旅をしていて、流れ行く車窓を見続けることは楽しいものです。そんな車窓の中...
別窓で開く

JR九州は1月22日から、鹿児島、宮崎、大分県を中心とした券売機未設置駅と新たに券売機を撤去した駅で、「QRコード乗車証明書」を一斉に導入した。JR九州の経営環境をふまえれば、券売機の設置縮小はやむを得ない部分はある。だが、スマホを持っていない人や、操作に不慣れな人を置き去りにする可能性もある。(鉄...
別窓で開く

レトロなローカル列車から眺める日向灘の絶景! 九州南東部を走る、風光明媚な「JR日南線」の旅
宮崎駅を発車して、日向灘(太平洋)を眺めながら南下するJR日南線。もっぱら宮崎県内を走行するが、最後は少しだけ鹿児島県に入り、志布志駅が終点となる行き止まりのローカル線だ。海の絶景が見られるイメージがあるものの、山間部を走る区間も意外にあり、変化に富んだ車窓が展開する。今回は、普通列車に乗って、のん...
別窓で開く

JR日南線ルートを一気に短絡 東九州道「宮崎〜日南」開通でどうなった? 台風"ダブル寸断"も回避
宮崎〜油津〜志布志の未開通部の「根元」が完成して半年です。油津までの長い海岸線ルートを回避 国土交通省 延岡河川国道事務所は2023年9月20日(水)、東九州道の宮崎〜日南のエリア全通による効果を発表しました。 東九州道は、宮崎市まで下りてきたあと、日南・志布志を経由してぐるっと回り、加治木で九州道...
別窓で開く

鹿児島本線や豊肥本線は「始発から運休」 大雨の九州 JR7/4の運転計画
最新の情報はホームページで確認を! JR九州は2023年7月3日(月)夜、翌4日(火)の運転計画について発表しました。内容は以下の通りです。...
別窓で開く

「うちの鉄道もらってくれるんですか!?」赤字私鉄を廃止して敷き直し「JR日南線」の意外な過去
宮崎県南部を走るJR日南線が2023年5月に開業60周年を迎えました。同線は国鉄の地方路線として開業したものの、その一部区間は全国的にも珍しい経緯を持つ路線だといいます。改めて誕生の経緯を追ってみました。もともとは軽便鉄道として開通 宮崎県の南宮崎駅と、鹿児島県の志布志駅を結んでいるJR日南線は、2...
別窓で開く

2023年3月開通の道路5選 地域を変える“無料バイパス”開通ラッシュ!
年度末の2023年3月、全国で多くの道路が開通しました。今年度は有料高速道路こそ新規開通はないものの、地域を変えるような無料バイパスが多数誕生しています。2023年3月開通の道路 どのようなものが? 年度末にあたる2023年3月は、全国で多くの道路が開通しています。...
別窓で開く

東九州道「宮崎〜日南」3月つながる 一挙開通18km 海沿いクネクネ国道を一気にバイパス
きたああああ!日南線沿いの東九州道 いよいよ延びる 国土交通省 宮崎河川国道事務所は2023年2月3日、東九州自動車道の清武南IC〜日南北郷IC間17.8kmが3月25日(土)に開通すると発表しました。 これにより、2018年に開通済みの日南北郷IC〜日南東郷IC間(9km)と接続。...
別窓で開く

台風で被災のJR日南線、1/21に福島今町まで再開 全線再開は3月末を予定
折り返し運転にかかる準備が整ったとのこと。福島今町〜志布志間では代行タクシー運行 2022年9月の台風14号の影響により、南郷〜志布志間で運休となっているJR日南線について、JR九州は12月23日(金)、今後の運転再開見込みを発表しました。詳細は次の通りです。...
別窓で開く

日南線 復旧は「2023年春」南郷〜志布志で長期運休中 台風で盛土崩壊
昨年に引き続き長期運休となります。9月の台風14号で被災 JR九州は2022年10月24日(月)、台風の被害で一部運休が続く日南線について、復旧めどを2023年春と発表しました。 日南線は9月22日に上陸した台風14号の影響で、終点に近い大隅夏井〜志布志間で築堤が一部崩壊。南郷〜志布志間で運休、バス...
別窓で開く


[ 日南線 ] の関連キーワード

福島今町 豊肥本線 日向灘 鹿児島 志布志
北海道

<前へ123次へ>