本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



この2年でエンタメ界は激変!? いま求められているオンラインコンテンツとは
この2年で、エンタメ界で一気に進んだオンライン化。そこで起きていたムーブメントを読み解くと、分かち合うことこそエンタメの神髄だと気づかされる。感動も体験も日常的な時間さえも、シェアして楽しもう!エンタメとは本質的にシェアして楽しむもの。コロナ禍以降、加速度的にオンライン化が進んだエンタメの世界。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■おふたりさまのうちにできる準備を進めよう「週刊ダイヤモンド」(2022年7月16・23...
別窓で開く

「1人1万円」で取引される現在の「奴隷制度」の実態
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月15日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。政府が取引先などの人権侵害リスクを調べて予防する「人権デューデリジェンス」の指針をつくることになったという報道を受け、企業への人権侵害リスクについて解説した。...
別窓で開く

中国の赤道ギニア「軍事基地建設」をアメリカが警戒する理由
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月7日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。中国が赤道ギニアに軍事基地を建設する意向だということを報じた「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事について解説した。...
別窓で開く

バリュー投資復権で「ニッポン中小型株ファンド」に脚光、成績トップの運用力を実現する徹底した企業調査
 日経平均株価が31年ぶりの高値を更新するなど、日本株式への見直し機運が高まっている。前年までは米国大型成長株が市場の圧倒的なリーダーだったが、昨年の年末から株式市場の物色の流れに変化が現れている。日本株式が「出遅れ感」から世界の投資家に見直されているのも新しい動きの1つ。...
別窓で開く

コロナ禍で5年後に業界はこう変わる! 週刊ダイヤモンドが特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。7月12日発売の「週刊ダイヤモンド」(2021年7月17日号)の特集は、「5年後の業界地...
別窓で開く


<前へ1次へ>