本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウェブサイトの訪問履歴などはどのように管理されるべきか。慶應義塾大学大学院の山本龍彦教授は「EUでは自己情報コントロール権が基本的人権として認められており、アメリカでも同じ動きが進んでいる。しかし、日本では認められておらず、企業同士の勝手なやりとりを止められない。このままでは世界の潮流から取り残され...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

「1人1万円」で取引される現在の「奴隷制度」の実態
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月15日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。政府が取引先などの人権侵害リスクを調べて予防する「人権デューデリジェンス」の指針をつくることになったという報道を受け、企業への人権侵害リスクについて解説した。...
別窓で開く

【本棚を探索】第5回『マイケル・ジェンセンとアメリカ中産階級の解体』ニコラス・レマン 著/濱口 桂一郎
■米国経済の百年を描く なんだかよく分からないタイトルだけど、過去100年のアメリカの経済社会を、ハイレベルな思想と末端の現実の両方から描き出した、思想史とルポルタージュがまだら模様になった奇妙な味わいの本だ。経済思想史のキーマンはアドルフ・バーリ、マイケル・ジェンセン、リード・ホフマンの3人だが、...
別窓で開く

中国の赤道ギニア「軍事基地建設」をアメリカが警戒する理由
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月7日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。中国が赤道ギニアに軍事基地を建設する意向だということを報じた「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事について解説した。...
別窓で開く

生き残りをかけた「地銀改革」! その光と影とは? —地銀業界分析2021—(慶応義塾大学 八田潤一郎さん)【企業分析バトル】
銀行というとどういったイメージをもつだろうか——。大学生からみると、一時より衰えたとはいえ、まだまだ就職活動で人気のある企業だ。外資系やメガバンクはもちろん、地方銀行も地域特化型として例外ではない。一方で、マーケットの評価は低下し続け、目安となるPBR(株価純資産倍率)1倍以下はもちろんのこと、低P...
別窓で開く

「デジタル敗戦国」日本に天才IT大臣オードリー・タンは現れるか
今回は、注目の人としてオードリー・タン氏を取り上げます。中華民国(台湾)の天才プログラマーであり、台湾史上最年少の35歳で閣僚に就任した現役の政治家でもあります。台湾の先進的なコロナ対策を牽引する若きリーダーとして、日本のニュースでも最近よく取り上げられています。名前は知らなくても、ニュースで見た方...
別窓で開く

仮想通貨の将来性を金融の専門家が徹底分析!今後の動向&銘柄の選び方を解説します
ニュースなどで、ビットコインなど仮想通貨の名前をよく耳にするようになりました。今やすっかり市民権を得た仮想通貨ですが、2018年からハッキング事件が起きているので、仮想通貨にあまり良い印象を持っていない人もいるのではないでしょうか。しかし将来性を考えれば、今後も仮想通貨の見通しは明るいと考えています...
別窓で開く


<前へ1次へ>