本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「文太が急に映画を降りたいと言ってきた」メンツとしがらみが錯綜した第2作「広島死闘篇」のお家事情 「仁義なき戦い」外伝〈4〉
「仁義なき戦い」が封切られた1973年1月13日の深夜、脚本を手掛けた笠原和夫は京都の映画館に出かけて度肝を抜かれた。その前日、東映社内の試写会で観て演出に激しい怒りを覚えた作品が、世の中で熱狂的に迎え入れられていたからだ。その3カ月後、シリーズ2作目となる「仁義なき戦い 広島死闘篇」も封切られ、や...
別窓で開く

「7、8秒のフィルムをやるから、悪役の華を咲かせて死ね」俳優たちに愛された監督・深作欣二の仁義 「仁義なき戦い」外伝〈3〉
 公開から半世紀を経てなお愛され続ける実録映画の金字塔「仁義なき戦い」シリーズでメガホンをとったのは深作欣二である。粘りに粘る演出で予算や日程を平気でオーバーする深作に東映の経営陣は顔をしかめたが、「もっとないか」「それだけか」とくたくたになるまで演技の可能性を求めてくる彼を俳優たちは愛した。...
別窓で開く

「死んでもやるから、やらせてください」キャスティングも紆余曲折を経た「仁義なき戦い」舞台裏 「仁義なき戦い」外伝〈2〉
 菅原文太がこの世を去ってから7年。彼を一躍スターの座に押し上げた「仁義なき戦い」シリーズの第1作が封切りとなったのは1973年1月のことだった。公開から半世紀を経てなお愛され続ける実録映画の金字塔が世に出るのはしかし、簡単なことではなかった。主人公、重要な脇役たち、監督、キャメラマンなど、ありとあ...
別窓で開く

【菅原文太・没後7年】ヤクザの獄中手記はいかにして伝説の映画となったか 「仁義なき戦い」外伝〈1〉
 菅原文太がこの世を去ってから7年。彼を一躍スターの座に押し上げた『仁義なき戦い』シリーズの第1作が封切りとなったのは1973年1月のことだった。実録映画というジャンルを切り拓き、公開から半世紀を経てなお愛され続ける不朽の名作には、いまもってひとつの大きな謎が残されている。この映画を誰が企画したのか...
別窓で開く

「岸田首相は広島出身」が「ミスリード」である理由 衆院選の政治家発言をファクトチェック
ファクトチェックを支援する国内団体「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)が2021年10月24日、衆院選(10月31日投開票)に関係するファクトチェックの状況を紹介するオンラインイベントを開いた。この日までに掲載されたファクトチェック記事は11本。そのうち3本がネット上で拡散した情報、残り8...
別窓で開く

指先に宿る「お馴染み」の顔 日本酒ネイルの新作は古くて新しい定番銘柄
 お酒のビンを彩るラベルは、様々なデザインでお酒の個性を表現した、いわば顔のようなもの。お酒と一体になった存在ではありますが、ラベルをコレクションする人もいるように、単体で見ても面白いものです。日本酒を愛してやまない女性が、定番の日本酒銘柄のラベルをネイルにして紹介しています。...
別窓で開く

今、新築マンションの価格が高騰しています。不動産経済研究所の調査によれば、2020年、首都圏の新築マンションの平均価格は6083万円で、東京23区に限れば7712万円(全国平均4271万円)。そんなバブルともいえる状況の中、住宅の問題をどう考えたらいいのか。賃貸か購入か、マンションか戸建てか、新築か...
別窓で開く

くりぃむ上田の新番組、女優の発言に「胸糞悪くなった」の声 「ご飯行く時は払わない」に炎上商法の指摘も
 11日にくりぃむしちゅー・上田晋也がMCのバラエティ番組『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)が放送され、出演した女優の日下部美愛の言動にネット上からドン引きの声が集まっている。 トークバラエティ番組『女が女に怒る夜』(同)の後継番組として放送された本番組。テーマに沿って、女性出演者たちが愚痴など...
別窓で開く

杉野遥亮、SNSでおじさん度をチェック!
上田晋也(くりぃむしちゅー)がMCを務める新番組『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系、毎週月曜23:59〜)が、10月11日から放送。スペシャルゲストとして杉野遥亮が出演する。同番組は、ストレスだらけの世界を生き抜くために歯に衣着せぬ女性芸能人たちが、有象無象のストレスを一刀両断するストレス解消バラ...
別窓で開く

今、新築マンションの価格が高騰しています。不動産経済研究所の調査によれば、2020年、首都圏の新築マンションの平均価格は6083万円で、東京23区に限れば7712万円(全国平均4271万円)。そんなバブルともいえる状況の中、住宅の問題をどう考えたらいいのか。賃貸か購入か、マンションか戸建てか、新築か...
別窓で開く


<前へ12次へ>