本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<今週のワイドショー> 精子提供めぐるビックリ情報も 「3億円」の行方
オミクロン株の感染急拡大で、今週(2022年1月)もコロナの話題が多かったワイドショーでしたが、その中で「生命の倫理」について考えさせる話題もありました。■損害賠償訴訟の内容(J-CAST)テレビウォッチ・ワイドショー通信簿で取り上げた「『豚の心臓を人間に移植』は朗報? 安住アナの感想は...」(1...
別窓で開く

オミクロン株ばかりでウンザリ!? 朝番組で低視聴率の『ラヴィット』がSNSで“バズる”ワケ
TBS系『ラヴィット!』(公式HPより)《東京大阪感染者倍増》《感染猛スピード拡大》《東京641人感染急拡大》《感染親子が症状語る》《感染拡大出勤停止で人手不足…生活直撃》《沖縄最多1700人超感染》《新学期スタート 検査・小児科に大行列》《東京飲食制限スタート 初日の夜…繁華街は?》《ワクチン3回...
別窓で開く

すかいらーくの「アルコール1杯99円」は成功だったのか
 昨年12月、すかいらーくレストランツが運営するガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、ステーキガスト、藍屋、グラッチェガーデンズの7ブランドが「アルコール1杯税込み99円キャンペーン」を実施し、業界の垣根を超えた反響を呼んだ。コロナ禍での外食不振対策、そして近年浸透しつつある「ファミレス飲み」に絡め...
別窓で開く

オミクロン株急拡大で感染者1.3万人 「ただの風邪」説に専門家の見解は
オミクロン株による新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない。世界保健機関(WHO)は、欧州人口の半分が感染する可能性を明らかにした。オミクロン株は軽症者が多いといわれているが、米国の入院患者数は過去最大になっている。日本でも、東京、大阪などでさらなる急拡大が始まった。...
別窓で開く

<記憶に残った2021年ワイドショー> コロナ禍の重い空気のなか、大活躍の大谷翔平にありがとう
コロナ禍2年目となった2021年。ワイドショーもコロナの話題を多く取り上げ、今なお「オミクロン株」に警戒が続いている。振り返れば、東京などで緊急事態宣言が発令されたのは年明けすぐの1月8日だった。前年末からの第3波、さらに第4波(4月〜6月)、第5波(7月〜9月頃)と続き、私たちは年がら年中、自粛の...
別窓で開く

日テレ藤井貴彦アナ「あの一文...最高齢受賞ですから」 番組中「好きな男性アナ1位」祝福されるも複雑
年末恒例の「好きな男性アナウンサーランキング」(ORICON NEWS)が12月10日(2021年)に発表され、日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(50)が初の1位に輝きました。藤井さんが担当している夕方ニュース「news every.」が同日16時前から始まりましたが、冒頭からしばらくは藤井アナが粛...
別窓で開く

<1年前のワイドショー> 「医療崩壊」に現実味 GoTo「中途半端」対応に批判も
<1年前のワイドショー> 昨(2020)年の今頃は、コロナ感染拡大による「医療崩壊」が心配されていた。当時の(J-CAST)テレビウォッチ・ワイドショー通信簿をみると、「まさにギリギリ、コロナ治療の病院最前線!」(12月2日、日テレ系「スッキリ」)で、重症者を受け入れている昭和大学病院にカメラが入り...
別窓で開く

<今週のワイドショー> オミクロン株に広がる危機感 水際対策は迷走
新型コロナウィルスの新たな変異株「オミクロン株」が世界の脅威になっている。日本でも11月30日(2021年)に成田空港の検疫で国内初の感染者が確認され、翌12月1日に2人目の感染が分かり、市中感染への危機感が高まる。感染力が非常に強いとされるが、まだ情報は少なく、今のワクチンが効くのか、重症化リスク...
別窓で開く

WEリーグ、12月4日開催予定の全5試合延期を決定… なでしこオランダ遠征参加18選手の14日間待機に伴う措置
 WEリーグは12月1日、同4日に開催を予定していた2021-22 Yogibo WEリーグ 第11節の全5試合の延期を決定した。  1日9時に日本サッカー協会からオランダに遠征中のなでしこジャパンについて、スタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環と...
別窓で開く


<前へ1次へ>