本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【激辛爆笑対談】井筒和幸(映画監督)×松元ヒロ(ピン芸人)「表現の自由とは」を大いに語る
 日刊ゲンダイ連載「怒怒哀楽劇場」の井筒和幸監督とお笑い集団「ザ・ニュースペーパー」の元メンバーで、ドキュメンタリー映画「テレビで会えない芸人」が全国公開中のピン芸人、松元ヒロが初顔合わせ。「表現の自由」について熱く語った。 ◇  ◇  ◇ ──たまたまおふたりは同い年で初顔合わせということですが。...
別窓で開く

戦後の共産主義者釈放、歓迎会の主催は朝鮮人団体だった 「赤旗」の再刊資金の出どころは
 釈放された共産主義者たちは、そのまま東京・西新橋の飛行会館へと向かい、「自由戦士出獄歓迎人民大会」に出席して熱狂的な歓迎を受けた。だがその参加者もほとんどが朝鮮人で、赤旗とともに太極旗が至る所で振られていた。これも主催は朝鮮人団体だったのだ。...
別窓で開く

米国営放送「韓国を除く同盟国全てが対ロ制裁に」「韓国の小心さは愚か…過去に大きな援助受けたのに」
米国防省系のメディア「VOA(ボイスオブアメリカ)」において、米専門家らが韓国政府の対ロシア政策を批判している。朝鮮戦争当時、大々的な援助を受けた韓国が米国の同盟から離脱してはならないとも強調しました。...
別窓で開く

韓国紙「駐韓米大使に対北強硬派…かつて韓国を《パッシング》」「対北制裁乱す文政権への赤信号」
一年以上空席だった駐韓米国大使に対北朝鮮強硬派として知られるフィリップ・ゴールドバーグ(駐コロンビア大使)が内定したことが分かった。米国が韓国政府にアグレマン(赴任同意)を要請した状態であると外信や韓国メディアは伝えている。...
別窓で開く

米国で不興を買う、文在寅「教皇フランシスコ訪朝」の作り話
韓国の文在寅大統領は28日午前、イタリア・ローマで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議出席などに向けて出発した。文在寅氏は欧州でまず、29日にバチカンのフランシスコ教皇と会談する。これを受けて、韓国メディアは「今回の会談で教皇が北朝鮮訪問関連について言及する可能性もある」(中央日報日本語版)...
別窓で開く

射殺シーン見て公開処刑を想起…金正恩「イカゲーム」流入に緊張
米国のコンテンツプラットフォーム、Netflixが韓国発のドラマとして放映し、韓国のみならず全世界的に人気を集めている「イカゲーム」。北朝鮮は早速これに噛みつき、韓国社会批判に利用している。北朝鮮の対外宣伝ウェブサイト「メアリ(こだま)」は今月12日、「南朝鮮(韓国)社会の実像を暴露するテレビドラマ...
別窓で開く

トランプ氏、「在任期間の最高の業績は、南北朝鮮の未来構築への寄与」
ドナルド・トランプ元米国大統領が、在任期間中で最も誇らしい業績として「南北朝鮮のより明るい未来のための新しい道を構築することができるように寄与したこと」を挙げ、自評した。トランプ元大統領は12日、韓国京畿加平郡清心ワールドセンターで天宙平和連合(UPF)と世界平和統一家庭連合(統一教会)が共同開催し...
別窓で開く

北朝鮮幹部「東京五輪不参加は金正恩氏が決定」
北朝鮮の体育省は6日、ウェブサイト「朝鮮体育」で、先月25日に平壌で開催された北朝鮮オリンピック委員会の総会で、「悪性ウイルス(新型コロナウイルス)感染症による世界的な保健危機状況から選手たちを保護するため、委員たちの提議に基づき、第32回オリンピック競技大会に参加しないことを討議、決定した」と発表...
別窓で開く

「韓流ドラマ見て死刑」連発が懸念される北朝鮮・韓流取締法の中身
昨年12月4日の最高人民会議常任委員会第14期第12回総会では、「反動的思想・文化排撃法」が採択された。主に韓流と海外のラジオ放送にターゲットを絞って取り締まりを強化するためのものだ。デイリーNKは、この「韓流取締法」の説明資料を入手した。「無期懲役刑」「死刑」などの量刑が明示された資料は、存在その...
別窓で開く

大ヒット韓流ラブコメ「愛の不時着」に北朝鮮が激怒
パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢。そこで出会った堅物の将校の家で、身分を隠して暮らすことになるが…(Netflixの公式ページより)ヒョン・ビンとソン・イェジンの2大スターが共演し、韓国のテレビ局tvNが昨年12月から今年2月にかけて放送...
別窓で開く


<前へ12次へ>