本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



南シナ海における中国とフィリピンの緊張激化を懸念—仏メディア
2023年9月27日、仏国際放送局RFI(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)の中国語版サイトは、南シナ海の領有問題をめぐる中国とフィリピンの緊張激化に対する懸念が強まっていると報じた。...
別窓で開く

「自由で開かれたインド太平洋」と「法の支配」が新たな世界秩序の中心的な概念に 「ASEAN首脳会議」での大きな日本の役割
ジャーナリストの佐々木俊尚が9月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。9月5日に開幕したASEAN首脳会議について解説した。...
別窓で開く

習近平氏がG20サミットに「出席しない」ことをアメリカは6月の時点で把握していた
経済アナリストのジョセフ・クラフトが9月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。習近平氏が欠席することになったG20サミットについて解説した。中国の習近平国家主席(ロシア・モスクワ)=2022年12月30日 EPA=時事 写真提供:時事通信G20サミットに中国の李強首相が出席...
別窓で開く

護衛艦「いずも」で合宿? アジア太平洋の各国が参加し“浮かぶ教室”で学ぶ 「力の支配はいけないこと」
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」に、各国の要員が乗り込む「乗艦協力プログラム」。今年は太平洋地域の島しょ国も巻き込んだ拡大版も実施されました。「いずも」がいわば“浮かぶ教室”となるプログラム、そこで何を学ぶのでしょうか。...
別窓で開く

岸田総理はいまこそ「中国を非難するべき」 中国艦船がフィリピン船に放水
地政学・戦略学者の奥山真司が8月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国海警局がフィリピンの沿岸警備隊に行った妨害活動について解説した。...
別窓で開く

中国、南シナ海でフィリピンの軍艦撤去を要求 領有権争い激化
 2023年8月7日、フィリピン主要メディアは、中国はフィリピンに対し、南シナ海のアユンギン礁(英語名セカンド・トーマス礁)に座礁させてあるフィリピンの軍艦を撤去するよう要求した。 この軍艦は、フィリピンが同礁の領有権を主張するために1999年に意図的に座礁させたもの。...
別窓で開く

映画「バービー」上映禁止、中国の「九段線」ゴリ押しで南シナ海に不穏な空気 ベトナムが不安を抱く「挑発行為」、中国に何が起こっているのか?
(川島 博之:ベトナム・ビングループ、Martial Research & Management 主席経済顧問) ベトナムで米国映画「バービー」の上映が禁止された。映画のあるシーンに九段線が入った地図が写っているためとされる。また韓国のガールズグループである「BLAKPINK」の公演もストッ...
別窓で開く

中国が夏季ダボス会議を開催する「本当の狙い」
ジャーナリストの有本香が6月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・天津市で行われる「夏季ダボス会議」について解説した。「烈士記念日」の式典に臨む中国の習近平国家主席 2022年9月30日(共同)夏のダボス会議が中国・天津市で6月27日に開幕夏季ダボス会議は、スイス・...
別窓で開く

南シナ海で緊張が高まる 中国の侵略に周辺国が反発
 2023年6月、南シナ海で緊張が高まっている。中国は周辺国の海域を実効支配しようとしており、地域衝突の危機が迫っている。 フィリピンは米軍に9拠点(4拠点増・今年2月)の使用を許可した。これは防衛協力強化協定(EDCA)の一環で、南シナ海問題でアメリカとの協調姿勢を示したものだ。対象となる基地はカ...
別窓で開く

ASEANにおける日本の役割は「町内会の会長」のようなもの
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が6月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。南シナ海で合同軍事演習を行うことで一致したASEANについて解説した。...
別窓で開く


[ 南シナ海 マレーシア ] の関連キーワード

フィリピン asean 南シナ海 ベトナム アメリカ
インド ダボス バービ アジア 太平洋

<前へ123次へ>