本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



にわかに高まる「PK論争」。W杯ベスト8進出を目指す日本代表もその対策を考えるべきか
 PK戦が今、にわかに注目を集めている。 引き金となったのは、言うまでもなく、先に行なわれたワールドカップ。ドイツ、スペインを破って決勝トーナメントに進出した日本が、最後はクロアチアにPK戦で敗れてしまったことがきっかけだ。カタールW杯の決勝トーナメント1回戦、日本はPK戦の末、クロアチアに敗れた ...
別窓で開く

高体連orユース出身で明暗くっきり…W杯PK戦における“100%データ”が話題沸騰!「メンタリティに違いがあるのか」【2022総集編】
 2023年となり、11日が過ぎた。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は日本代表のワールドカップにおけるPK戦成功率に関して、とあるデータが話題となった記事を再掲する。...
別窓で開く

「PKは運」はウソ? サッカー日本代表がベスト16を突破できない理由
(C)rarrarorro / Shutterstockサッカーワールドカップで決勝トーナメントに進出しても、日本代表はそこからなかなかコマを進められていない。2022年に開催されたカタール大会もベスト16という結果で幕を閉じた。なぜ日本代表は〝新しい景色〟を見られないのだろうか。...
別窓で開く

「話にならない」本田圭佑、ポゼッションを求める堂安律へのベテランからの“戒め”に持論!「1回のW杯でダメだったから否定するのは良くない」【2022総集編】
 ついに年が明け、2023年となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップで敗退後に、日本代表の今後について本田圭佑が見解を示した記事を再掲する。...
別窓で開く

カタールW杯で花開いた森保ジャパン 2026年へ「2期目」の勝負
【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年(最終回)現代は占いの時代だ。占い本はベストセラーになり、定期的に入れ替わる占い師にテレビ局は「冠」を与え、若者たちはスマホで自らを占う。FIFAワールドカップ(W杯)2022カタール大会でも、識者が日本代表を占った。城彰二氏のように、グループリ...
別窓で開く

森保監督“続投”の期待と不安——わずかな期間で全てを分析・検証できたのか。悲願のW杯8強へ課題山積
「ベスト8の『新しい景色』を見るために、一番ふさわしい監督であるということ。そこが一番のポイントになりました」 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が太鼓判を押した通り、森保一監督の続投が12月28日の臨時理事会にて全会一致で決定した。 日本代表監督のワールドカップ(W杯)後の“延長&rdqu...
別窓で開く

「悲願のW杯制覇後もプレーを」 メッシが「代表続行」を宣言した理由
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は12月18日、サッカー・カタールW杯で悲願の優勝トロフィーを手にしたアルゼンチン代表、リオネル・メッシ選手と、チームメイトの絆にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

不祥事目立った2022年...強いチームづくり、組織の立て直しは、サッカー日本代表に学べ(大関暁夫)
サッカーワールドカップ(以下、WC)・カタール大会は、日本代表がドイツ、スペインという世界の強豪国に対して、共に逆転勝ちし、グループリーグをトップで勝ち抜ける大活躍もあって、日本中が大変な盛り上がりを見せました。...
別窓で開く

モドリッチ37歳、メッシ35歳…“高齢”でも超一流のプレーを続けられるのはなぜか
 ディエゴ・マラドーナがメキシコのアステカ・スタジアムでワールドカップを掲げてから36年、「神の子」リオネル・メッシ率いるアルゼンチンがカタールW杯で3度目の世界制覇を達成した。 *** メッシが初めてW杯に出場したのは2006年ドイツ大会のグループリーグ第2戦、セルビア・モンテネグロ戦の後半30分...
別窓で開く

高橋杉雄のW杯戦略論・森保ジャパン総括編!「監督任期4年制の是非は検証されるべきだ」
高橋氏が着用しているのは今大会仕様の日本代表ユニフォーム・谷口彰悟モデル。もちろん三笘薫モデルも所有しているアルゼンチンvsフランスの壮絶な決勝戦で、サッカーW杯カタール大会は幕を閉じた。軍事・安全保障戦略のプロとして、ウクライナ情勢などの解説に連日引っ張りだこの防衛省防衛研究所・高橋杉雄氏は、サッ...
別窓で開く


[ 南アフリカ クロアチア ] の関連キーワード

カタール ジャパン 高体連

<前へ12345678次へ>