本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



古文書などの「くずし字」解読が簡単にできる一般向けAI-OCRアプリ、凸版印刷が開発。2023年提供予定
 凸版印刷株式会社は、スマートフォンで撮影したくずし字の資料を、その場で手軽に解読できるアプリを開発したと発表した。正式版のリリースは2023年3月の予定。...
別窓で開く

浦和が凸版印刷と協力してメタバース上の“ファンワールド”を開設。歴代ユニホームやトロフィーなどを3Dで展示
 浦和レッズの2022シーズントップパートナーである凸版印刷は、浦和のクラブ設立30周年を記念し、7月29日からメタバース上の“ファンワールド”「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」を開設している。...
別窓で開く

日本未公開の傑作《千里江山図巻》がデジタル映像として初来日 特別デジタル展『故宮の世界』開催中
2022年は、日中国交正常化 50 周年の節目の年。東京・上野の東京国立博物館では、これを記念して、9 月 19 日(月・祝)まで中国・北京の紫禁城(現・故宮博物院)をテーマとした同館初の大規模な特別デジタル展『故宮の世界』が開催されている。中国を統治した明・清の両王朝の歴代皇帝が造営を続けた壮麗な...
別窓で開く

凸版印刷、農産物の地産地消マッチングアプリ開発 会津若松市で実証実験
 凸版印刷は、農産物の生産者と地域の顧客を結びつけるアプリ「ジモノミッケ!」を開発した。事業性とユーザビリティーを検証する実証実験を7月11日から9月30日まで、福島県会津若松市と周辺地域で行う。2023年度の事業化を目指しており、2030年度までに50拠点の導入と10億円の売上高を目指す。...
別窓で開く

姓は一七九二年、名は三月?! 世界の奇談を集めた荒俣宏さんのバイブル
 数々のメディアで活躍している、作家・翻訳家で博物学研究家の荒俣宏さんには、中学1年生のときに出合った「運命の本」がある。R・L・リプレーの奇談集、原題"Believe It or Not"だ。 1918年から新聞紙上で始まった、世界の珍妙な出来事を集めた"Believe It or Not"の連載...
別窓で開く

【新卒就職・人気企業ランキング】1位はNTTデータ IT業界の躍進目立つ 「DX」企業選びの基準に
− 2023年卒 新卒就職人気企業ランキング【楽天みん就】 −2022年5月19日、楽天グループ株式会社(以下「楽天」)、運営するクチコミ就職情報サイト「楽天みん就」において、2023年卒業予定の学生を対象に調査した「楽天みん就 2023年卒 新卒就職人気企業ランキング」を発表しました。それによると...
別窓で開く

金属製ではなく「金属質感」。最上位クレカが「プラスチック製」にこだわる理由とは
昨年、カードのトレンドを紹介しました。まず、カード情報が前ではなく後ろに移動。表面にあるのは名前やブランドロゴ、カード名など、必要最低限の情報のみです。他にも縦型のカードが増えたり、金属カードが増加したりしています。そんな中、住信SBIネット銀行からニュースリリースが発表され、同社のキャッシュカード...
別窓で開く

秘密の森でなにもしない贅沢なグランピング
◆夢あふれる秘密の森で優雅な時間を楽しむ「Circus Outdoor TOKYO」【東京都・奥多摩】PHOTO/SHINICHI KIMURA「Circus Outdoor TOKYO(サーカス アウトドア トウキョウ)」は、壮大な奥多摩湖にほど近い優雅なグランピング施設。...
別窓で開く

明治大学・経営学部を卒業して学生はどの企業に就職するのか、上位進路先ランキングをレビュー【2021/2022シーズン】
− 就職先企業研究シリーズ −進路選びの基準は人それぞれですが、卒業後の進路まで見据えて目標を定める受験生も多いでしょう。シリーズでお届けする「就職先企業研究シリーズ」。今回は明治大学・経営学部の卒業生の就職先について、企業別・業種別にご紹介していきます。※編集部注:ちなみに、大学進学前のお子さんが...
別窓で開く

自分にとって都合がいい快適な世界はどこ?
 ステイホームで、ラジオをBGMに過ごすことが増えた。その中で「メタバース」の話題が増えてきているように感じる。気になって調べてみると、日本でも伊勢丹デパートや凸版印刷など、すでに多くの企業がメタバース事業に取り組んでいるようだ。どんどん耳にする機会が増えたメタバースとはいったい何なのか、まさにその...
別窓で開く


[ 凸版印刷 ] の関連キーワード

メタバース 明治大学 会津若松 ntt

<前へ12345次へ>