本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



流行語大賞は「村神様」への疑問…選考基準から老若男女の“若”が抜けていないかと識者指摘
(年間大賞は「村上様」、ヤクルトマンとポーズをとる村上宗隆選手(C)日刊ゲンダイ) 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で行われ、年間大賞に「村神様」が選ばれた。 受賞した村上宗隆(22)は史上最年少三冠王などこれで20冠。報道陣から今年はいい年かと聞かれ「これでいい年でなかったら怒られ...
別窓で開く

制度によって生まれた「働かないおじさん」問題をどう解決すればいいのか 45歳から「ジョブ型報酬」にして年功制の恩恵をなくす新提案
(太田 肇:同志社大学政策学部教授)「働かないおじさん」という、少々毒気を含んだ言葉が巷に流布している。若手社員からすると中高年社員が高い給料をもらいながら、それに見合った仕事をしていないのは不公平に映るし、彼らが上にいるために自分たちの活躍の場が奪われているのは我慢できないのだろう。しかし、中高年...
別窓で開く

バイクを運転する高齢母(70歳)、泥とアザだらけで帰宅。理由を聞いてア然
度々ニュースで報じられる高齢者ドライバーによる事故。自分はまだまだ大丈夫と思っていても、事故を起こしてからでは遅いですよね。 今回お話を聞いた坂本彩さん(41歳・パート)の母親は70歳。元気で、高齢をものともせずに原付バイクに乗っていましたが、とんでもない出来事を起こします。...
別窓で開く

今の日本にはチャレンジをする人材が必要だ。そこに異論の余地はない。しかし実際に、現場では「挑戦する人材」が歓迎されない。なぜ、理想と現実の乖離が起こるのか。この「総論賛成、各論反対」という意見にこそ、日本の組織を語るうえで重要な意味を持つと指摘するのは、同志社大学教授の組織学者である太田肇氏だ。大規...
別窓で開く

仕事がうまくいかないのは、「スキマ」がないから?
本書「成功している人のスキマの法則」(扶桑社新書)は、社会心理学者の著者が、科学的で論理的な「新しい引き寄せの法則」を説いた本である。「スキマ」をつくることで人生に新しい流れを呼び込むというものだが、ビジネスにも参考になりそうだ。...
別窓で開く

ソフトB・野村大、一般女性と結婚していた! 三塁レギュラー獲りに挑む5年目、愛妻のサポートが力に
 「永遠の愛」を誓い、ゴールイン。ソフトバンクの野村大樹内野手(22)が結婚していたことが30日、分かった。お相手は静岡県出身で同じ22歳の一般女性。108本のバラを準備してプロポーズし、すでに婚姻届を提出している。食事面では万全のサポートを受け、来季は激戦区となる正三塁手の座を奪い、二人三脚で大ブ...
別窓で開く

12歳年上の夫に“おばさん扱い”されモヤッ、「若い女性」の定義を聞いてア然
芸能界でも意外と多い年の差婚。一般的にもひとまわり以上の年の差カップルは珍しくないですよね。 今回お話を聞いた戸田陽子さん(40歳・主婦)も、ひとまわり年上の夫と結婚して15年。なんでも夫の「若い女好き」にため息をついているそうです。◆12歳差の夫婦「結婚した当初は、わたしがその“若い女”張本人でし...
別窓で開く

パートの面接で衝撃、社長の「時代遅れな男尊女卑」発言にあんぐり
今や「男だから」「女だから」というジェンダーの「あるべき論」は古いと思う方が多いと思います。 ですが、世界経済フォーラムが公表した「グローバル・ジェンダー・ギャップ報告書2022」によると、男女平等度合いを測る「ジェンダーギャップ指数」では、日本は120か国中、なんと116位。まだまだ「女だから」と...
別窓で開く

谷垣佑真、岡田琴菜が初V 愛工大アベック優勝で閉幕<卓球・全日学選抜2022>
<第18回全日本学生選抜卓球選手権大会 日時:11月26日、27日 場所:苫小牧市総合体育館(北海道)>26日に開幕した全日学選抜大会は大会最終日を迎え、男子シングルスでは谷垣佑真(愛知工業大)、女子シングルスでは岡田琴菜(愛知工業大)がそれぞれ初優勝を果たした。男子シングルス決勝には谷垣佑真(愛知...
別窓で開く

日本代表に大学経由の選手が急増した理由…サッカー界の「18歳問題」とは
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の初戦でドイツを破って意気上がる日本代表。史上初の8強入りを目指す26人のメンバーだが、今回は大学を経由した選手が多いことに気づくだろう。...
別窓で開く


[ 同志社 ] の関連キーワード

スキマ 愛工大 モヤッ