本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカ一極構造が終わり、米中対立が続いている。日本はどんな外交戦略を採っているのか。作家の佐藤優さんは「2021年4月の日米首脳会談には、日本外交の方向転換が表れている」という。社会学者の橋爪大三郎さんとの対談をお届けしよう??。※本稿は、橋爪大三郎・佐藤優『世界史の分岐点 激変する新世界秩序の読...
別窓で開く

アジアカップ3連覇に挑む! なでしこジャパン招集メンバー23名を紹介
1月20日から2月6日にかけてAFC女子アジアカップインド2022が開催される。池田太監督のもと大会3連覇に挑む“なでしこジャパン”日本女子代表23名を紹介する。文=舩木渉写真=Getty ImagesGKGK1 池田咲紀子生年月日:1992年9月8日(29歳)身長・体重:168cm・60kg出身地...
別窓で開く

国家安全保障戦略改定へ 〜何を入れ込むべきか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に元内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。政府が国家安全保障戦略を改定する方向で調整に入ったというニュースについて解説した。...
別窓で開く

緊張が高まるウクライナ情勢は日本にとって「他人事ではない」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に元内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。緊張が高まるウクライナ情勢について、バイデン米大統領がロシアとウクライナ両国の大統領と協議する可能性を示唆したニュースについて解説した。...
別窓で開く

【対談】内藤正典氏×池亀彩氏 超格差社会で生き抜くインドの人々。知ってるつもりのイメージとは全く違う!
いまや人口13億人で、まもなく中国を抜き世界一の巨大国家になろうとしているインド。だが、そんなインドについて、日本人が持っているのはステレオタイプなイメージばかりだ。11月に集英社新書『インド残酷物語 世界一たくましい民』を上梓したばかりの池亀彩氏(京都大学大学院准教授)は現地に長期間暮らし、社会の...
別窓で開く

メタバース銘柄高騰も影響なし イーサリアムの明大は微増、同志社大はビットコインを継続保有(第23節)【暗号通貨バトル Aグループ】
今週(2021年10月27日週)はメタバース系のディセントラランド(MANA)などに注目が集まり、資金流入が見られたが、ビットコインやイーサリアムはあまり大きな変動は見られなかった。明治大学の城正人さんは「フェーズが変わってきたのか、と少し警戒しています」という。イーサリアムの含み益でプラス。...
別窓で開く

コツコツ利益積み上げる明大、ビットコインの上昇に乗った職業大(第13節)【暗号通貨バトル Aグループ】
ビットコインの価格が好調に上がっている。そのビットコインを保有する職業能力開発総合大学校のさっちんは、順調に上がっている勢いに乗り、しっかり利益を手にする。明治大学の城正人さんは、引き続き、NFT(非代替性トークン)の動きが気になる。世界的な盛り上がりをみせるなか、「暗号通貨の投資家ばかりが盛り上が...
別窓で開く

米雇用統計に着目も明暗  波に乗った? 慶大と一橋大、早大と明大は一歩後退(第6節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
今週(2021年6月28日週)は米国の雇用統計などの発表をきっかけに、取引に臨んだ学生トレーダーだが、結果は明暗が分かれた。慶応義塾大学の2Gさんは大きく利益を上げたものの、「自分としては理解できず、また納得できない」と話す。「勝って兜の緒を締めよ」といったところか。一橋大学のボンゴレさんは保有して...
別窓で開く

ビットコインで大損の職業大、着実に利益を積んだ明大、じっと我慢の同志社大(第5節)【暗号通貨バトル Aグループ】
暗号通貨に投資する学生トレーダーは、中国の動向が気になる様子。そんななか、明治大学の城正人さんは中国のマイニングへの規制開始とオプションの期日を材料に検討。イーサリアムに投資した。同志社大学のしがないトレーダーさんも、中国のマイニング規制がハッシュレートの暴落につながったことに着目。...
別窓で開く

G7サミットで各国から求められる菅総理の「日本としての提案」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月11日放送)に元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。6月11日からイギリスで始まるG7サミットについて解説した。【菅首相G7出発】G7サミット出席のため英国へ出発する菅義偉首相。...
別窓で開く


<前へ12次へ>