本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



JR革マル派や統一教会の情報を集めていた公安調査庁の地道な仕事
1990年代には政界で「不要論」が飛び交っていた公安調査庁。しかし、彼らの地道な活動が警察組織の危機を救っていた。それが、JRの支配を狙った「革マル派」と「統一教会、勝共連合」に関わる問題です。長年にわたり極左問題を第一線で取材してきた福田博幸氏が、日本を蝕む「内なる敵=極左」と戦い続けてきた政府機...
別窓で開く


<前へ1次へ>