本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アルツハイマーの危険度を知りたい! 脳の微細な萎縮をチェックする検査を受けてみた
(お酒はほどほどにしておいたほうが……(C)日刊ゲンダイ) 記者(48)は、この二十数年、休肝日なし。毎晩、家人と2人、ワインを2本軽く空けている。健康診断の数値は正常だが、心配なのが認知症だ。 弊紙で月曜掲載の連載「認知症治療 第一人者が教える 元気な脳で天寿を全う」を担当している。...
別窓で開く

東北大も筑波大も3割弱が推薦で…すでに受験生の半数は入学先が決まっている
(大学入学共通テストを受ける受験生たち(C)共同通信社) 1月14日、15日に実施された大学入学共通テストは、約51万2500人が受験した。入試シーズンの本格的なスタートと報じられているが、実際は前年秋に選考が行われ、年内入試と言われる総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜で、すでに受験生の半数は...
別窓で開く

レアメタル使わず容量2倍のリチウムイオン電池正極材料を開発 東北大ら
 東北大学、名古屋工業大学などは17日、鉄を使った大容量なリチウムイオン電池正極材料の開発に成功したと発表した。正極の材料に鉄を使うことで、サプライチェーンリスクを避けることができると共に、低コスト化が可能という。【こちらも】東大、リチウムイオン電池の「不可逆容量」削減する技術開発 高容量可能に■利...
別窓で開く

謎だらけの古代日本。在野研究者が考える「史料」との向き合い方
古代日本ではどのようなことが起きていたのか。文献や資料がほとんどないからこそ、私たちの興味をかきたて、そして様々な議論や思索をもたらしてくれる。730ページに及ぶ『邪馬臺国と神武天皇』(幻冬舎刊)は、日本の古代史を巡る考察を経て、「神武天皇」の正体と「邪馬台国」との関係について解き明かしていく一冊だ...
別窓で開く

富士山大噴火も引き起こす!「南海トラフ超巨大地震の続発確率は通常時の3600倍」衝撃論文の中身
 南海トラフの東側か西側でマグニチュード8以上の超巨大地震が発生した場合、1週間以内に反対側で同規模の地震が続発する確率は最大で通常時の3600倍に達する──。 1月10日、東北大学の福島洋准教授らのチームがまとめた衝撃の研究結果が、学術雑「サイエンティフィック・リポーツ」に論文として発表された。...
別窓で開く

「記憶力」を維持するために一番いい習慣とは 脳科学者が解説
1月4日(水)、東北大学加齢医学研究所の瀧靖之先生が、ジャーナリストの笹井恵里子がパーソナリティを務めるラジオ番組「ドクターズボイス〜根拠ある健康医療情報に迫る!〜」(ニッポン放送・毎週水曜21時〜21時20分)にゲスト出演。「脳」をテーマに、どうすれば脳の若さを保てるのか、脳の萎縮を抑える習慣など...
別窓で開く

銀行員ら12人が死亡した「帝銀事件」の容疑者が獄中で見せた最後の笑顔 撮影したカメラマンが語る死刑囚との一瞬の“連係プレー”とは
 NHKスペシャル「シリーズ未解決事件」が2夜連続で放送される。題材は1948(昭和23)年に起きた「帝銀事件」。この事件の真相を追い続け、いくつかの作品を発表した推理作家・松本清張の視点を軸に、ドラマとドキュメンタリーの2本立てとなっている。...
別窓で開く

魯迅『藤野先生』めぐるシンポジウム開催—福井県あわら市
中国の文豪・魯迅の代表作である『藤野先生』をめぐる共同シンポジウムが26日、ゆかりの地である福井県あわら市で開かれました。『藤野先生』は、魯迅が仙台医学専門学校(現東北大学医学部)に留学していた時代の恩師である藤野厳九郎氏との交流を述懐した作品で、中国では中学校の国語の教科書に、日本では高校の現代文...
別窓で開く

「顔ストレッチ」で“笑う門には福来る”【脳医学の権威も実践】
年の瀬もせまり、今年の振り返りや新年への決意を新たにする人も多い。そんなリセット、リスタートのタイミングで取り入れたい“脳と心にやさしい習慣”を、東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授に教わった。最近、笑っていますか?「笑う門には福来る」という言葉もあるように、いつも楽しそうにしている家には、おのずと幸...
別窓で開く

「懐かしのアルバム」「お土産のキーホルダー」で“ポジティブ脳”に【脳医学の権威が解説】
年の瀬もせまり、今年の振り返りや新年への決意を新たにする人も多い。そんなリセット、リスタートのタイミングで取り入れたい“脳と心にやさしい習慣”を、東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授に教わった。何かの「香り」を感じたときに、ふと昔の記憶がよみがえってくる経験はないでしょうか?私は雨上がりの草むらを歩い...
別窓で開く


[ 東北大学 ] の関連キーワード

筑波大 あわら 富士山 東北大