本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



寒くても話題がホットな山形新幹線! 「牛肉どまん中」の新たな取り組みとは?
【ライター望月の駅弁膝栗毛】「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。牛肉どまん中(カレー)昨年(2022年)、開業30年を迎えた山形新幹線(福島〜山形間)。新型車両の投入も予定され、何かと話...
別窓で開く

「都営三田線を大宮へ」国鉄も乗り気だった"埼玉延伸構想"とは 時代に翻弄された越境の夢
東急を経由して横浜方面へ直通する都営地下鉄三田線。いっぽうで北側でも、埼玉方面への延伸が構想されたこともありました。実現するはずだった越境が頓挫した後は、別の方向へ"活用"しようとする動きもあったのです。三田線の「大直通ネットワーク」夢破れ 西高島平と巣鴨、大手町、三田、目黒とを...
別窓で開く

山形新幹線の新型E8系、2月末から試運転 300km/h運転へ向け 営業前の撮影会も実施
寒冷地対策もばっちりです。撮影会は先着順 JR東日本は2023年1月26日(木)、山形新幹線に導入予定の新型車両E8系電車について、東北新幹線および山形新幹線で2月末から約1年間試運転すると発表しました。車両の性能確認を実施するといいます。 E8系は2024年春の営業運転開始を予定。...
別窓で開く

鉄道車両の「新成人」5選 今を築いたデフレ世代? 黄色くなった元・山手線も
新成人が生まれた頃に登場した鉄道車両、いわば鉄道版「新成人」には、何があるのでしょうか。登場して20年となる鉄道車両5形式をピックアップしました。2002年度に登場した車両は? 1月9日(月)は「成人の日」です。今回20歳を迎えるのは、2002(平成14)年4月から2003(平成15)年3月までに生...
別窓で開く

Uターンピークに 帰りの客で込み合う東京駅
 正月休みをふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンは3日にピークを迎え、東京駅のホームは午前中から多くの人で混み合いました。 JR各社によりますと、東北新幹線は仙台・東京間の上りの一部で自由席の乗車率が100%を超えていて、上越新幹線も新潟発東京行きの多くで自由席の乗車率が100%を超えたという...
別窓で開く

十二支プラス猫もいる! 青森県の動物地名を「まるごと青森」が紹介
 年末の風物詩となっているのが、各地で行われる「干支の交代式」。2022年の場合、寅(とら)年から卯(うさぎ)年に変わっていきます。 干支の動物が出てくる地名は全国にありますが、青森県では県内に十二支すべてと「猫」が揃ってるのだそう。青森県観光企画課が運営するTwitterアカウント「まるごと青森」...
別窓で開く

なぜ新幹線の上に神社が? 赤羽の不思議なスポット…高架をくぐって石段を上がると圧巻の風景だった!
赤羽駅西口から出て線路沿いに北へ向かうと、小高い丘があり、「八幡神社入口」とかかれた看板と新幹線の高架が現れます。実はこの丘の上にある八幡神社は、お参り目的以外に、絶好のトレインビューを楽しめるスポットにもなっているのです。...
別窓で開く

鉄道は業績V字回復、でも戻らない“定期” 2022年の鉄道 明るいニュースはあった?
コロナ禍3年目の2022年。ワクチン接種率の向上や自粛ムードの薄れなどから人流は元に戻りつつあり、JR4社や大手私鉄で業績が回復しました。ただ、毎年のように日本を襲う自然災害への対応も急務に。鉄道業界の1年を振り返ります。定期外利用はコロナ禍前の8割程度まで回復 2022年の鉄道業界も様々なことがあ...
別窓で開く

JR各社は12月15日、年末年始(12月28日から1月5日までの9日間)の予約状況(いずれも12月14日時点のデータ)を発表した。新型コロナの感染は10月頃から増加傾向にあり、2020年、2021年と冬に感染拡大があっただけに、今年の年末年始もコロナ第8波が懸念されている中ではあるが、好調な結果とな...
別窓で開く

編集部が厳選! 最新版「東京駅」で買える“おしゃれ”な手土産5選
東海道新幹線に東北新幹線、北陸新幹線など、さまざまな新幹線の発着地である「東京駅」。年末年始の帰省で東京駅を利用する、なんて人もいるのではないでしょうか。駅構内は、ショップやレストランが充実していますが、なんといっても数が多い。出発前にお土産を買おうにも、どこのお店を見ればいいか分からない……。...
別窓で開く