本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2011年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受け、福島県の会津川口—只見間27.6kmで運休が続いていたJR東日本の只見線の運行が2022年10月1日から再開され、会津若松(福島県)—小出(新潟県)間135.2kmが11年ぶりに1本のレールで結ばれた。復旧区間を運行する列車は被災前と変わらない1日3...
別窓で開く

輸出企業の市場見通しが顕著に改善—中国
中国国際貿易促進委員会は29日、第3四半期の対外貿易情勢調査研究報告書を発表しました。それによりますと、中国の輸出企業の市場見通しには顕著な改善が見られ、東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州連合(EU)、米国が第3四半期の主な新規受注先となっています。...
別窓で開く

佐藤二朗、街中で同年代の男性とすれ違いざまに… 「放屁に国境なし」
俳優・佐藤二朗が30日、公式ツイッターを更新。街中で同年代ぐらいの外国人男性とすれ違った際の出来事について明かし、ファンの反響を呼んでいる。【ツイート】「なんのツイートだ」とツッコミ■提唱した説が実証?佐藤は「道ですれ違った、おそらくは東南アジア系の、僕と同年代ぐらいの男性が、すれ違いざまに『ヴォン...
別窓で開く

ニトリがアメリカ事業から撤退 収益性改善が難しく
家具大手のニトリホールディングスは、2023年度をめどにアメリカでの事業から撤退すると発表しました。家具大手のニトリホールディングスは30日、アメリカに展開する2つの店舗を2023年4月までに閉店し、アメリカでの事業から撤退すると発表しました。...
別窓で開く

岸田首相「所信表明」原案に“安いニッポン”頼みの成長戦略…発想はまるで途上国
(第207臨時国会招集日 衆院本会議で所信表明演説をする岸田首相(2021年12月6日)/(C)日刊ゲンダイ) もはや先進国ではない──。岸田首相が3日召集の臨時国会で行う所信表明演説の原案が判明した。驚くことに、深刻な物価高騰を引き起こしている急激かつ過度な円安を食い止めるどころか、円安頼みの“成...
別窓で開く

祖父の姿に憧れ、起業 “根拠なき自信”で13ヵ国・地域でビジネスを展開 前を見続けるIT業界の“桜木花道”を作った家族の存在
28歳のときにシンガポールで起業。アジア市場に目をつけ、わずか6年で、13ヵ国・地域に1,000名以上の社員を抱える大企業となり、2021年には約190億円を超える売上高を叩き出したAnyMind Groupの共同創業者兼代表取締役CEOが、十河宏輔(そごう・こうすけ)氏だ。...
別窓で開く

「埼玉、海ないのに?」大宮で50年続く“24時間・年中無休の喫茶店”大盛りイカ入りナポリタンは穏やかな味だった!
 24時間営業、年中無休、メニューは300種類。「大宮ナポリタン」発祥の地として知られ、50年以上もの間、埼玉の人たちに愛される喫茶店がある。その名は「伯爵邸」。NHKドキュメント72時間「なぜか大宮 喫茶店は待っている」で取り上げられたこともある。...
別窓で開く

「目立つことを望まない」デンマーク代表のW杯ユニに込められた、ホスト国カタールへの“抗議”の意志。サプライヤーのヒュンメルが声明
 現地時間9月28日、デンマーク代表のサプライヤーを務めるヒュンメルが、カタール・ワールドカップで着用する同代表のユニホームに込められた意味を、公式SNSを通じて発表した。 19日に公表されたW杯向けのユニホームは、ホームの赤、アウェーが白、サードが黒というカラー。デザインは非常にシンプルで、デンマ...
別窓で開く

<日中国交正常化50年>経済相互依存急拡大=東シナ海共同開発など連携と軍拡抑制を目指せ
1972年9月29日に日中両国が国交を正常化して50年になる。半世紀前、中国は戦後賠償を放棄し、日本は中国の経済成長を支援した。以来日中経済関係は急激に拡大。中国は日本にとって最大の貿易相手国となり、両国を行き来する人はコロナ前には年間1000万人を超えた。日中両国は激動の時代を迎えているが、経済的...
別窓で開く

「私たちがここ東京にいることは重要だ」 安倍氏国葬「弔問外交」を積極活用した国は
2022年9月27日に行われた安倍晋三首相の国葬は「弔問外交」の舞台にもなった。岸田文雄首相は前後の3日間で、外国の要人約40人と会談。ただ、1回あたりの時間は15分にとどまり、踏み込んだ会話ができたかは議論が分かれそうだ。ただ、日本が直接は関わらない「弔問外交」も活発に行われた。...
別窓で開く