本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



人々の生き方、働き方を一変させたコロナ禍が遠のき、「新しい時代」が始まった。そんな中で就活をした主要大学の学生は、どのような企業・団体を選んだのか。国公立・私立主要27大学別の2023年就職先ランキングを作成した。今回は一橋大学と東京工業大学の就職先をお届けする。(文/ダイヤモンド・ライフ編集部、デ...
別窓で開く

地方の女子高校生の東大進学率はなぜ低い…東工大や名大は「女子枠」入試を実施
(東京大学(C)日刊ゲンダイ) 50年前、高校生向け雑誌で、福島県内の県立女子高が定期テスト(中間や期末など)をやめるというので、取材したことがある。聞き手を東大に合格したばかりの女子学生にした。私が取材依頼をしたときに、取材先の校長は、聞き手が当時珍しかった女子東大生なので、ぜひ本校の生徒の前で受...
別窓で開く

(プレスリリース)【岡山大学】言語AIに大学職員としてどう向き合うか? 技術職員の知識・技術力向上を目指し岡山大学総合技術部「第82回(旧)医学部技術部研修会」を開催
2024(令和6)年 2月 6日国立大学法人岡山大学https://www.okayama-u.ac.jp/◆概 要 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:那須保友)の総合技術部は、2024年1月24日、「第82回(旧) 医学部技術部研修会」を本学鹿田キャンパスの基礎医学棟での対面とオンライ...
別窓で開く

(プレスリリース)非可食バイオマス原料由来化成品を開発するグリーンケミカルがプレシリーズAラウンドにて1.7億円の資金調達を実施
東京工業大学、東北大学の技術を社会実装しプラットフォーム化合物であるHMFの量産技術開発を推進<br /><br />非可食バイオマス由来の糖原料から芳香族系バイオプラスチック原料の製造技術確立を目指す株式会社グリーンケミカル(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:岩越 万里...
別窓で開く

民間企業から大学への研究資金...共同研究1件当たり&研究者1人当たり換算では「東大」が1位ではなかった(鷲尾香一)
大学の研究状況を「大学ファクトブック2023」などから見ていく連載の2回目は、共同研究の1件当たりの状況や研究者1人当たりの状況、そして、外国企業との共同研究の状況を取り上げる。...
別窓で開く

室温でCO2からメタノールを合成する触媒開発 気候変動対策などに期待 東工大
 東京工業大学は11日、室温でCO2からメタノールを合成する触媒の開発に成功したと発表した。メタノールは、化学工業における基幹物質で、プラスチック、合成繊維、医薬品、農薬などさまざまな化学製品の原料となる。今回の研究成果は、資源枯渇や気候変動などの対策に資するものという。...
別窓で開く

東京工業大学と東京医科歯科大学が合併する「もう1つの理由」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が10月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。大学における医学部の存在について解説した。...
別窓で開く

東工大・東京医科歯科大の統合は「連携という綺麗ごとだけじゃない」 慶應義塾大教授が分析
慶應義塾大学の松井孝治教授が10月14日(金)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。東京工業大と東京医科歯科大の統合の背景について、現役の教授の視点から分析した。東京工業大(上)と東京医科歯科大の学名プレート 写真提供:共同通信社『飯田浩司のOK! Cozy up!』は、番組は...
別窓で開く

光合成に匹敵するエネルギー変換効率で水を分解する光触媒開発 東工大
 東京工業大学は18日、緑色植物の光合成に匹敵するエネルギー変換効率で、太陽光によって水を分解し、水素を生成する光触媒の開発に成功したと発表した。同様の光触媒反応の効率としては、従来の約100倍に該当する。研究グループによれば、この触媒の開発の成功は人工光合成の実現に向けたブレイクスルーになる可能性...
別窓で開く

東工大と東京医科歯科大学が統合に向け協議開始…現役大学院生「研究力上がっていくのでは」
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。8月9日(火)放送の「FLAG NEWS」のコーナーでは、協議開始となる“東工大と東京医科歯科大学の統合”について取り上げました。◆2つの国立大学が統合に向け協議開始ともに国立大学である東京工業...
別窓で開く


<前へ12次へ>