本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現代社会では「短時間で成果を生み出すこと」「勝負で打ち勝つこと」が重視されがちだ。しかしその代償として、自分の仕事に日々忙殺されていることもまた事実。生命誌研究者でJT生命誌研究館名誉館長を務める中村桂子さんは「若者には特に、競争よりも自分が大事なことを思いきりやって欲しい」という??。※本稿は、中...
別窓で開く

今や9人に1人がかかる!? 増え続ける「乳がん」を早期発見する方法【医師が解説】
■女性の9人に1人がかかるといわれている「乳がん」日本では女性の9人に1人が「乳がん」になるといわれており、この数は年々上昇しています。国立研究開発法人国立がん研究センターによるがん「情報サービス」では、2020年の乳がんによる死亡者数は14,779人にのぼりました。一方で、乳がんは、早期に発見・治...
別窓で開く

意外に知らない日本人による大発明 インスタント麺や青色LED以外にも
「日本人による発明」と聞いて何が思い浮かびますか?安藤百福が開発した「インスタントラーメン」はNHKの朝の連ドラ「まんぷく」で注目されましたし、ノーベル物理学賞を受賞した青色LED、身近なところでは電気自動炊飯器も日本人が発明による発明です。ただ、日本人による発明はこれだけではありません。...
別窓で開く

乾癬の新たな治療薬候補を発見 東大らの研究
 乾癬は皮膚に赤く盛り上がった皮疹ができ、表面の白いフケ状のものがボロボロ剥がれてくる慢性の皮膚疾患だ。東京大学らの研究グループは、体内で作られる脂質が乾癬の症状を抑制することを発見し、その産生を制御するメカニズムを明らかにしたと発表。この研究結果が、乾癬の治療法の1つとなっていくことが期待される。...
別窓で開く

子どもを持たない人、男女とも過去30年で3倍増...東大研究で判明 所得、学歴、雇用形態の影響はどうか?(鷲尾香一)
日本の少子化は危機的な状況にある。子どもを持たない人の数は男女とも過去30年の間に3倍近くに増えていたという研究結果を東京大学の研究チームが2022年4月28日に発表した。研究チームは国立社会保障・人口問題研究所が実施する出生動向基本調査を用いて、1943〜1948年の間と、1971〜1975年の間...
別窓で開く

子供が「習い事をやめたい」と言い出したら、そのままやめさせてもいいのか。4人の子供全員を東京大学に合格させた佐藤亮子さんは「まずは理由を聞くといい。ただし、幼児教室とスイミングは続けたほうがいい」という——。※本稿は、佐藤亮子『子どものやる気がどんどん上がる魔法の声かけ 3男1女東大理三合格の母が1...
別窓で開く

毎日新聞、戦中写真6万点アーカイブ化 東大・京大教授らと共同研究
 毎日新聞社は18日、日中戦争や太平洋戦争中に戦地にいた特派員らが撮影した写真やネガを活用し、当時の状況を視覚的に分かりやすくまとめた「デジタルアーカイブ」の開発計画を発表した。渡邉英徳・東京大大学院教授、貴志俊彦・京都大教授らとの共同研究として、戦後80年にあたる2025年の完成を目指す。...
別窓で開く

決済手段乱立時代の生き残りに「秘策」あり! 百貨店カードの新スタイルをつくるJFRカード 二之部守社長に聞く(後編)
「JFRカード」(大丸松坂屋カード)がリニューアルして、2022年1月にリニューアル1周年を迎えた。それに合わせて実施したキャンペーンなどが、ユーザーから好評を得ている。また、独自ポイントプログラムである「QIRA(キラ)ポイント」がオトクに貯まる、地域の対象店も着々と増えている。...
別窓で開く

決済手段乱立時代の生き残りに「秘策」あり! 百貨店カードの新スタイルをつくるJFRカード 二之部守社長に聞く(前編)
「JFRカード」(大丸松坂屋カード)がリニューアルして、2022年1月にリニューアル1周年を迎えた。それに合わせて実施したキャンペーンなどが、ユーザーから好評を得ている。また、独自ポイントプログラムである「QIRA(キラ)ポイント」がオトクに貯まる、地域の対象店も着々と増えている。...
別窓で開く

哲学書なのにベストセラー。『暇と退屈の倫理学』ってどんな本?
 國分功一郎さんの『暇と退屈の倫理学』(新潮社)は、哲学書だというのにたいへんよく売れている。もともと単行本刊行時もベストセラーだったうえ、2021年末に文庫化すると、翌2月には東大・京大それぞれの生協で売上1位を記録。現在も、各書店で平積みになっている。かく言う記者も、わざわざ哲学書コーナーに探し...
別窓で開く


[ 東京大学 ] の関連キーワード

毎日新聞 jfr led