本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



円安は進むが「日本人は自信を取り戻すべき」...ストラテジストがこう語る理由
日本企業の稼ぐ力は過去最高に高まっているとして、株価の上昇を予測しているのが、本書「日経平均は4万円になる!」(宝島社新書)である。著名ストラテジストが挙げる本格復活の理由を読むと、元気が出てくる。「日経平均は4万円になる!」(武者陵司著)宝島社新書著者の武者陵司さんは、大和総研アメリカ・チーフアナ...
別窓で開く

韓国紙「日本の対韓国輸出規制後《国籍洗浄》する企業増えた」「核心特許は日本企業が多数押さえ…国産化困難」
日本がフッ化水素など半導体関連3品目に関して対韓国輸出を規制(輸出管理強化)したことを機に、これを逃れるため「国籍ロンダリング」をする日本企業が増えているとの報道が韓国で出ている。  朝鮮日報は5日、『素部装独立宣言2年、日本依存は更に増した』というタイトル記事を掲載した。...
別窓で開く

日本が絶対的優位に立つ半導体材料、こんなにたくさんあった!=中国メディア
 中国のポータルサイト・新浪に27日、「フォトレジストだけではなく、日本はこんなに多くの半導体材料で高い世界シェアを持っている」とする記事が掲載された。 記事は、2019年に日本政府がフォトレジストなど半導体材料3品目の対韓輸出規制を発動したことで、世界が日本のフォトレジスト分野における地位を一層意...
別窓で開く

東京応化工業の20年上期決算、KrF好調で売上17%増
− EUVレジストも台湾顧客中心に拡大 − フォトレジストなど半導体材料を手がける東京応化工業が発表した2020年度上期(1〜6月)業績は、売上高が前年同期比17%増の572億円、営業利益が同51%増の67億円となり、大幅な増収増益となった。主力のフォトレジストのうち、KrFの伸びが大きかった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>