本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「人生100年時代」をどのように生きればいいのか。医師の和田秀樹さんは「超長寿と言われますが、これは若返るのではなく、医学の進歩で死ににくくなるということ。がんや心・脳疾患はある程度克服されますが、脳の老化は止められず、認知症などとつき合いながら過ごす老いの期間が延びる」という——。※本稿は、和田秀...
別窓で開く

65歳以上の高齢者は現在約3640万人で、今後も増える。医師の和田秀樹さんは「60代〜80代に向けた私の著書が軒並み売れ、多くの高齢の読者に支持されている。出版界は高齢者をターゲットにした本にずっと後ろ向きだったが、風向きが変わった。他の業種も、高齢者が欲しているモノやサービスを提供するべきだ」とい...
別窓で開く

【関西・薬学部学費比較】同志社女子大・立命館大・近畿大「6年間の学費が一番高いのはどこか」
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

【私大歯学部・学費比較】日大・昭和大・東京歯科大「6年間の学費が一番高いのはどこか」
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

【関西・医学部学費比較】近畿大・兵庫医科大・関西医科大「6年間の学費が一番高いのはどこか」
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

ネットでは「家事や育児に一切協力しない夫」の記事をよく目にするが、一方で、世の中にはバリバリ仕事をしつつ、家事にも育児にもフルコミットしている夫もいる。共働き夫婦が増えるにつれ、少しずつだが日本の夫婦のパートナーシップも変わりつつあるのかもしれない。今回の主役は、アメリカ・ニューヨーク州のコーネル大...
別窓で開く

【私大薬学部・学費比較】慶應大・昭和大・近畿大「6年間の学費が一番高いのはどこか」
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

新系統オミクロン株、国内初の2例発見 GWで感染再拡大の可能性は(THE TIME,)
東京医科歯科大学は2日(2022年5月)、国内で初めて確認された新系統のオミクロン株が2例発見されたと発表した。けさ3日の「THE TIME,」が伝えた。新系統のオミクロン株は、国内で主流となっている「BA.2」系統に従来の「デルタ株」の特徴が追加されている。同大は、新型コロナウイルス患者116人の...
別窓で開く

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染者のなかでも特に感染を拡げる「スーパースプレッダー」の存在が知られている。こうした患者は、体内でのウイルスコピー数(ウイルスの量)が多く、しかもウイルスを外に排出する期間が長いので、知らず知らずのうちに感染拡大源になってしまう。 東京医科歯科大学の...
別窓で開く

中高年はタンパク質と野菜が足りていない!? 医師が教える、おいしい手抜きレシピ
医師で作家の鎌田實(みのる)先生が、上柳昌彦アナウンサーがパーソナリティを務める、ラジオ番組「上柳昌彦 あさぼらけ」内コーナー『食は生きる力 今朝も元気にいただきます』(ニッポン放送 毎週月・金曜 朝5時25分頃)にゲスト出演。日本人が不足している野菜やタンパク質を簡単にとるための工夫や、絶品レシピ...
別窓で開く


[ 東京医科歯科大学 ] の関連キーワード

同志社女子大 東京歯科大 関西医科大 time 立命館大
近畿大 the 昭和大

<前へ123次へ>