本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オリックスのドラフト3、152キロ左腕の東松快征が秘める野望——「日本人初のサイ・ヤング賞を獲りたい」
オリックスは2023年のドラフト3位で、享栄高から左腕の東松快征を獲得した。担当した下山真二スカウトは「打者を圧倒する最速152キロの力強いストレートは逸品で、ファンを引き付ける愛嬌のある人間性も魅力。将来的には、チームのローテーション候補としての活躍が期待される本格派左腕」と期待を寄せる。...
別窓で開く

「先輩方を超えなきゃいけない」——楽天ドラ3・日當直喜が表明した次回WBC出場への強い決意
東海大菅生高の日當直喜が、2023年のドラフト会議で楽天から3位指名を受けて笑みを浮かべた。チームメイトや家族、学校関係者とともに指名を待つ姿は緊張感が漂っていたが、名前が呼ばれると、思わず叫んでチームメイトと抱擁。歓喜の瞬間を分かち合った。 その後会見場に現れ、日當を「自分の憧れは田中将大選手。...
別窓で開く

真の逸材を多く指名できた球団はどこ? 「ドラフト候補ランキング」で振り返る2023年ドラフト<SLUGGER>
10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議。成功だったかどうかは先々になるまでは分からないが、現時点で相対的に見て評価の高かった選手を多く獲得できたかという点について採点したい。選手の事前評価については、ドラフト直前に公開した下記の『ドラフト候補ランキング』を参考にしてもらいたい。...
別窓で開く

【有識者ARAのドラフト採点】バランスの良さが光ったオリックスが最高評価。狙い通り常広獲得に成功した広島は...<SLUGGER>
今年は投手の豊作年とあって、2巡目までに19人、支配下指名72人中47人を占める空前の投手ドラフトになった。故に、チーム事情に合わせた野手を逃さず指名できたかも重要と言えよう。投手と野手の顔ぶれだけでなく、編成上の狙いや将来の見通しなどを加味して評価した。【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リー...
別窓で開く

【ドラフトでオリックスが狙うべき選手】「即戦力投手が豊作」と言われる年だからこそ……あえて将来を見据えた指名で長期黄金時代の確立を!<SLUGGER>
今世紀初のパ・リーグ3連覇を成し遂げたオリックスは今季、高卒3年目の山下舜平大や、育成上がりの東晃平ら若くて質の高い投手が台頭。吉田正尚(レッドソックス)のメジャー挑戦で危惧された打撃陣でも、頓宮裕真が首位打者を獲得するなど大ブレイク。勝利と育成を両立したチーム作りができていると言える。...
別窓で開く

【2023ドラフト候補ランキング最終版|21〜30位】山梨学院大・宮崎、仙台大・辻本など大学球界で活躍する注目野手の順位は<SLUGGER>
いよいよ今年もドラフトが間近に迫っている。佐々木麟太郎(花巻東高)はプロ志望届を提出しなかったものの、大学生投手を中心に好素材が集結。前回(7月)のランキングから3ヵ月が経ち、最終的にはどのような順位になったのか。今回は21〜30位だ。▼30位:宮崎一樹[外野手・山梨学院大](前回順位:34位)(み...
別窓で開く

【2023ドラフト候補ランキング最終版|41〜50位】夏の甲子園を沸かせた本格派左腕に注目! 高校球界屈指の捕手も<SLUGGER>
いよいよ今年もドラフトが間近に迫っている。佐々木麟太郎(花巻東高)はプロ志望届を提出しなかったものの、大学生投手を中心に好素材が集結。前回(7月)のランキングから3ヵ月が経ち、最終的にはどのような順位になったのか。まずは50〜41位を見ていこう。▼50位:津田啓史[遊撃手・三菱重工East](前回順...
別窓で開く

巨人/阪神など10球団注目のオリックス/山下舜平大のような投手になれる逸材!東海大菅生が誇るドラフト上位候補とは!?【ドラフト候補2023】
日當直喜(ひなた なおき)/東海大菅生 190cm105kg 右投右打 最速151km 投手変化球:スライダー、カーブ、フォーク恵まれた体格から放たれる最速151kmのストレートと、落差のあるフォークボールで三振を奪うプロ注目大型右腕。選抜ベスト8入りの原動力、沖縄尚学戦で1-0完封勝利を挙げた。...
別窓で開く

【2023ドラフト候補ランキング|31〜50位】仙台育英の三本柱&明治大の二枚看板が登場。前回トップ10の実力者も<SLUGGER>
▼50位:仁田陽翔[投手・仙台育英高](前回順位:37位)(にた・はると/左投左打) 入学直後から大器と評判だった本格派サウスポー。昨年夏の甲子園では腰の故障明けで短いイニングの登板だったが、147キロをマークして注目を集めた。今年春のセンバツでは調子が上がらずに不本意な投球に終わり、まだ投げてみな...
別窓で開く

全日本ジュニア王者、吉山僚一は日本大へ進学 インハイ複準Vの徳田幹太は早稲田大へ<関東学生注目新人・男子編>
新年度が始まり、高校卓球界で活躍した選手たちが大学へ進学した。明治大学や早稲田大学など全国屈指の強豪校が揃う関東学生卓球連盟所属校には、全国で名の知れた選手が続々と入学を決めている。今回は関東学生卓球連盟1部、2部所属校に進学した男子の主な新入生を紹介する。...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>