本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プロ注目の左腕・前田を擁する大阪桐蔭、夏春連覇を目指す仙台育英、“親子V”を目指す沖縄尚学…群雄割拠のセンバツを制するのは?<SLUGGER>
27日、3月18日から開幕する第95回記念選抜高校野球大会の出場校が発表された。例年より多い36校出場の中から、優勝争いに絡んできそうなチームをそれぞれ見ていきたい。 昨秋の明治神宮大会決勝は、2年連続で同カードとなった。結果は大阪桐蔭が大会連覇を果たし、準優勝は広陵。今センバツでもこの2校が中心と...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│31〜50位】仙台育英・仁田、山形中央・武田など有力高校生左腕が登場<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

大阪桐蔭が明治神宮大会を連覇!優勝までの道のりとひと足早いセンバツへの課題を考察
11月24日に行われた明治神宮野球大会・高校の部、決勝戦。大阪桐蔭高校(大阪)と広陵高校(広島)という2年連続で同じ顔合わせとなった。試合は5点差をひっくり返す逆転劇で大阪桐蔭が6対5で勝ち、大会史上初となる連覇を果たす結果に。連覇までの道のりと、ひと足早く来春のセンバツに向けた課題をみていこう。...
別窓で開く

世代随一のポテンシャルに加え、精神力と思考力を備えたドラフト候補・山田陽翔の軌跡<SLUGGER>
2022年ドラフトでは注目選手の一人である近江高の山田陽翔は、今年の高校野球界を最も盛り上げた男と言っても良いだろう。昨年夏から3季連続で甲子園に出場し、全試合で先発。いずれの大会でもチームを4強へと押し上げ、今春のセンバツでは準優勝投手にもなった。投手分業制が進んでいる現代の高校野球において、歴代...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング最終版|1〜10位】“二刀流”矢澤、巨人1位公言の浅野。気になる1位は——<SLUGGER>
2022年のドラフトまであと2週間を切った。一部では不作との評価もある今年のドラフトだが、そんな中でも素晴らしい将来性を秘めた選手は数多くいる。前回(7月)からの変動も含め、最終的にどのようなランキングになったのか見ていこう。...
別窓で開く

【氏原英明が選ぶ甲子園ベストナイン】豊作の捕手のベストは市立船橋・片野。近江のエース山田は投手ではなく外野?<SLUGGER>
多くの学校たちがしのぎを削った末に、宮城県代表の仙台育英が東北勢初の優勝を飾った第104回高校野球選手権大会。我々を沸かせてくれた選手たちの中から、スポーツジャーナリストの氏原英明氏がベストナインを選定した。...
別窓で開く

甲子園で輝いた“未来のドラフト候補”に刮目せよ!海星・西村は総合力を発揮。二松学舎大付・瀬谷は走攻守すべてがハイレベル【野手編】
ドラフトの目玉となるような候補は少なかったという声が多かった今年の夏の甲子園。しかし過去を振り返っても、その時点ではそれほど高い評価を得ていなくても、大学や社会人を経て大きく成長してプロ入りを果たした例は少なくない。そんな現時点では進学や社会人入りが予想されている“未来のドラフト候補&r...
別窓で開く

大阪桐蔭に続いて近江にも“下剋上”!下関国際が見せるセオリー通りの“古き良き戦術”の強さ<SLUGGER>
新しさは何一つなかった。 しかし、その戦い方が逆に選手たちを動きやすくしているのだとも思った。 8月20日、夏の甲子園準決勝で下関国際高が8対2で近江高を下して決勝進出を決めた。準決勝での大阪桐蔭高に続き、今年春のセンバツで決勝に進出したチームを破った強さは本物と言っていい。 下関国際の強さとは、徹...
別窓で開く

“王者”が“王者”であったがゆえの番狂わせ——大阪桐蔭が下関国際に敗れた理由<SLUGGER>
手元のストップウォッチは7秒を切るタイムを表示していた。 第104回全国高校選手権大会、準々決勝第3試合。大阪桐蔭高対下関国際高の9回表、一死二、三塁からの逆転劇の場面だ。 7秒を切ったのは、打者のバットにボールが当たってから打球がセンター前へ抜け、その返球が捕手のミットに届くまでのタイム。...
別窓で開く

九州学院の2年生エース直江が躍動!大阪桐蔭も川原が復活の好投でベスト8進出!【甲子園11日目のプロ注目選手たち】<SLUGGER>
第104回全国高校野球選手権大会も11日目が終了。3回戦4試合が行われ、ベスト8がすべて出揃った。この日に登場したプロ注目の選手たちの活躍ぶりを振り返る。●直江新(九州学院2年/投手):9回4安打0失点7奪三振1四球 日大三島高と智弁和歌山高に打ち勝ってきた国学院栃木高打線を相手に4安打完封という見...
別窓で開く


[ 智弁和歌山 slugger ] の関連キーワード

slugger 二松学舎大 沖縄尚学 大阪桐蔭 九州学院
仙台育英 甲子園

<前へ1234次へ>