本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本ハム新人コンビ、奈良間&安西が選抜出場の常葉大菊川にエール 細川は智弁和歌山の出場喜ぶ
 選抜甲子園の出場校が27日に決まり、出場校で育った日本ハム選手がエールを送った。 10年ぶり5度目の出場を決めた常葉大菊川(静岡)には、ルーキーコンビがエール。ドラフト5位・奈良間(立正大)は3年時の18年夏の甲子園で3回戦進出しており「まずは楽しんでプレーすることが結果につながると思う」と上位進...
別窓で開く

オリ・T—岡田 イチロー氏からのエール「今年も見てるよ」に力もらった 今季逆襲へ「いい刺激になる」
 オリックスのT—岡田外野手(34)が19日、ほっともっとフィールド神戸で自主トレを公開。体力強化メニューでたっぷり汗を流し、フリー打撃ではフォームを確認しながら鋭い打球を飛ばして「しっかり動けている」と順調な調整をアピールした。 昨年は故障などで36試合の出場にとどまり、打率・149、1本塁打、1...
別窓で開く

高校球児を指導するイチローに米メディアが意外な反応!「彼は48歳だが、今でも2割7分を打てる」
シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が11月29日、東京杉並区にある国学院久我山高校を訪れ、82人の野球部員に直接指導を行なった。この試みは昨年12月の智弁和歌山に続く、2校目となった。 事の発端は1月に、同校野球部の部員がイチロー氏に手紙を書き、練習のゲスト・イ...
別窓で開く

【2020ドラフトの目玉は?|野手】牧、佐藤、五十幡の“大学ビッグ3”が高評価。高校生は甲子園でも活躍の来田、小深田らに注目
新型コロナウイルス感染拡大はプロ野球のペナントレースだけでなく、アマチュア選手のスカウティングにも大きな影響を与えている。カテゴリーで大会の中止、延期が相次いでおり、スカウト活動は実質休止となっている。ドラフト候補選手にも辛い時期が続いているが、そんな時だからこそ有望選手を積極的に紹介していきたい。...
別窓で開く


<前へ1次へ>