本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“隠された”ソ連のアフガニスタン侵攻の闇に光を当てた男
ソ連の近現代史が書き換えられることになったのは、ミトロヒンの功績です。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」によって明らかになった、ソ連の秘密工作について紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・...
別窓で開く

オリンピックは秘密諜報員やスパイを送り込む絶好の機会
手書きで約10万ページに及ぶ「ミトロヒン文書」は、二十世紀の最重要史料のひとつ。持ち出しが見つかれば死刑になる、そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ミトロヒンの生い立ちやKGBで経験した出来事などに迫ります。...
別窓で開く


<前へ1次へ>