本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日中戦争の裏側で、むしろ本当の「戦争」だったと言っても過言ではないインテリジェンスの戦い。最終的に大差をつけて勝利した共産党のインテリジェンスとは、いかほどのものだったのだろうか。インテリジェンス・ヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとに、日本やアメリカがインテリ...
別窓で開く

「日中戦争」の名を持ちながら、実際には列強の国々が中国の利権を巡って内部に介入し、その誰もが日本など眼中になかった。インテリジェンス・ヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとにインテリジェンスと外交を駆使した日中戦争の全貌を解説します。...
別窓で開く

日中戦争において、英中共同計画における手痛い経験のあと、イギリスの代わりに支援をしてもらえる国としてアメリカに期待を寄せていた中国。しかし、アメリカ人の差別意識が、中国との関係にひびを入れかねないという問題も抱えていた。現代中国の専門家であるマイルズ・マオチュン・ユ教授の研究によると、人種や文化の壁...
別窓で開く

ホー・チ・ミンを世界的革命者に押し上げた「工作員」としてのキャリア
世界に影響を与えた共産主義革命を起こし、ベトナム民主共和国を建国したホー・チ・ミン。彼にも「工作員」としてAGASに務めたキャリアがあった。インテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏によると、現代中国の専門家であるマイルズ・マオチュン・ユ教授は、彼を工作員として登用したことが、共産主...
別窓で開く

アメリカ政府に蔓延していた敵対勢力の工作員。彼らはアメリカの対中政策を祖国の利とするため、ルーズヴェルト大統領名義で送られる中国宛の公電にも、自らの党派の主張を盛り込んでいた。なぜ、不適切な表現は修正されることなく蒋介石のもとに届いていたのだろうか? インテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山...
別窓で開く

「日中戦争を長引かせる」大きな影響力があったソ連の工作活動
日中戦争時、中国に対して思い通りの支援を届けることができなかったイギリスとアメリカ。それは、ソ連が英米に潜り込ませていたスパイの巧みな対中政策の操作が背景にある。各国の中国支援を操っていたソ連には、いったいどのような思惑があったのだろうか? インテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏...
別窓で開く

情報はあったのに…マレー沖海戦で日本軍によって沈められたイギリス戦艦
日中戦争の開戦前、1940年からイギリスと中国は手を組んで、日本が使用する暗号の解読に乗り出す。しかし、実際のところは協力関係が進まないままの状態だったので、イギリスは戦艦2隻を失うことになった。その裏にあった両国の思惑とは? 同盟国であっても決して油断してはならないことを、インテリジェンスヒストリ...
別窓で開く

イギリスが中国に仕掛けた日本軍への共同破壊工作計画のワナ
第二次世界大戦中、連合国と枢軸国に二分されていた世界。しかし、同じ連合国に属していたはずのアメリカとイギリスは「中国はどうあるべきか」という考えにおいて、根本的に違っていた。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとに、日本と中国が必死の攻防...
別窓で開く

中国の台湾侵攻を皮切りに、東アジア圏の平和が脅かされる未来、台湾有事が現実味を帯びてきている。もはや中国を一国の力で止めることは限りなく不可能に近いが、かつての日本と中国の戦いは、どのようにして展開された戦争だったのだろうか。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ...
別窓で開く

2027年の中国人民解放軍の建軍100周年を控え、これまでにない緊張感が走っている国際社会。特に危険の迫る隣国日本は、中国の表層を理解するだけでは正しい対中政策は行えない。長いあいだ中国に対して「関与政策」をとってきたアメリカは、トランプ大統領就任後からは政策をいきなり180度転換させ、徹底的に対抗...
別窓で開く


<前へ12次へ>