本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田首相から3匹目のドジョウ狙う韓国 米中対立で日本の「輸出規制」が凶器に
 韓国が国を挙げて岸田文雄新政権にラブコールを送る。米中対立の激化で日本の輸出管理強化が韓国経済の首を締め始めたから、と韓国観察者の鈴置高史氏は見る。■中露より「後回し」鈴置:9月29日に岸田新政権の発足が判明するや否や、青瓦台(韓国大統領府)は「我が政府は新たにスタートする日本の内閣と、韓日間の未...
別窓で開く

「さわかみ投信」がバブル崩壊を新聞広告で30回も警告 「今の株価上昇は異常」
 バブル崩壊は、もう時間の問題——。物騒なタイトルの意見広告が掲載されたのは9月27日付の朝日新聞。同日の読売には「君子、バブルに近寄らず」、日経には「おかしいと思いませんか?」。すべて全面広告だ。右下には出稿主「さわかみ投信」オーナーの澤上篤人氏の名が。 さわかみ投信は1999年に設立された日本初...
別窓で開く

イラストレーター和田誠の軌跡 4歳からの約80年で描いた作品を公開
和田誠と聞けば、ある人は絵本を、ある人は似顔絵を、またある人は映画を思い浮かべるかもしれない。「人それぞれ印象が違っているのも、和田さんの多才ぶりを表していますね」と学芸員の福島直さん。和田さんは、初めてイラストレーターという肩書を用いた先駆者。そして挿絵、似顔絵、ポスターなど広告芸術の分野で多くの...
別窓で開く

『パラサイト』だけじゃない! “韓国映画”がおもしろい理由
『パラサイト』の衝撃からの反動など多種多様。世界的ヒットや新しい才能の台頭など、ますます目が離せない“韓国映画”の世界とは?現時点で韓国の最もエポックメイキングな映画といえば、昨年アジア映画史上初のアカデミー作品賞受賞など数々の金字塔を打ち立てた『パラサイト 半地下の家族』。...
別窓で開く

清掃のプロは家でどんな掃除をしているのでしょうか。羽田空港でたった一人の「環境マイスター」として、環境整備に貢献する新津春子さんが実践する“室内の掃除のコツ“を紹介します——。※本稿は、新津春子『1カ月に1回物を動かせば家はキレイになる』(ポプラ社)の一部を再編集したものです。■玄関の掃除で気を付け...
別窓で開く

岸田政権に忍び寄る“下野の悪夢”…小沢一郎全国行脚と年金不祥事
岸田文雄氏 (C)週刊実話Web 発足間もない岸田政権に早くも暗雲が立ち込め始めた。10月31日投開票の総選挙では「下野」も視野に入る赤信号が点滅しつつある。背景を政治アナリストが解説する。「岸田政権は新内閣発足のご祝儀支持率と野党の準備不足につけ込み、電撃解散、総選挙を仕掛けたが、次々と起こる思わ...
別窓で開く

唾液はどこから出ているのか?、目の動きをコントロールする不思議な力、人が死ぬ最大の要因、おならはなにでできているか?、「深部感覚」はすごい…。人体の構造は、美しくてよくできている——。外科医けいゆうとして、ブログ累計1000万PV超、Twitter(外科医けいゆう)アカウント8万人超のフォロワーを持...
別窓で開く

「抗体カクテル療法」1回31万円 ワクチンはいくら?今は公費負担だけど
新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の価格が次第に明らかになっている。ワクチンは米ドルで20~30ドル、このところ注目されている「抗体カクテル療法」は1回31万円もかかるようだ。いずれも公費負担となっているため、自己負担はない。■製薬会社に大きな利益ワクチンについては、「ワクチン市場規模、最大8兆円...
別窓で開く

子育て、恋愛、ママ友関係。吉本ばなながディープな「友だちの悩み」にこたえる。
 いくつになってもつきまとう「友だち問題」——。 吉本ばななさんの著書『吉本ばななが友だちの悩みについてこたえる』(朝日文庫)は、タイトルどおりの1冊である。 吉本さんは若くして世の注目を集め、仕事上多くの人と関わり、辛酸も舐めてきた。一方、友人とのつきあいを大切にし、子育てをし、両親を看取り、50...
別窓で開く

福士蒼汰が暴露!綾野剛が大好きな“カワイイお菓子”に予想合戦勃発!
 俳優の綾野剛と福士蒼汰が10月11日、連続ドラマ「アバランチ」の取材会に参加。福士が綾野の“かわいい一面”を暴露するひと幕があった。 同ドラマはフジテレビ系で月曜夜10時に新たに始まる連続ドラマ枠の第1作。謎に満ちた常識外れのアウトロー集団「アバランチ」による過激かつ痛快な犯罪撲滅活動を描く劇場型...
別窓で開く


[ 朝日新聞 ] の関連キーワード

パラサイト カワイイ time 羽田空港 さわか
the