本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<1年前のワイドショー>岸田内閣誕生から1年 当時の小学生らの不安が的中!?
<1年前のワイドショー>岸田文雄内閣が誕生したのは、ちょうど1年前の昨(2021)年10月4日でした。現在(22年)は、国葬や旧統一教会問題で支持率が急落していますが、当時のワイドショーはどう取り上げていたのでしょうか。...
別窓で開く

2018年に始まったトッププロによる麻雀のリーグ戦「Mリーグ」が年々、視聴者数を増やしている。なぜ麻雀というゲームがいま注目されているのか。Mリーグ創設に関わった株式会社AbemaTVの塚本泰隆・スポーツエンタメ局局長に聞いた——。(聞き手・構成=フリーライター・東川亮)■賭博への関与を禁止する「ゼ...
別窓で開く

香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか(元木昌彦)
(香川照之(C)日刊ゲンダイ)【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】 ノンフィクション作家の佐野眞一が亡くなった。享年75。佐野が週刊朝日で橋下徹大阪市長(当時)のルーツに触れ、批判を浴び、作家生命を絶たれようとしていた。そんな時、彼に、「今こそノンフィクションとは何かを問え」と言って、「ノンフィクシ...
別窓で開く

ウマ娘、iPhone14、Vtuberグッズ やまない転売ストップの秘策は
【J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】2022年9月27日、安倍晋三元首相の国葬が行われた。朝日新聞デジタルの28日付記事によると、磯崎仁彦官房副長官は同日午前の会見で一般献花者の人数が最終的に2万5889人だったと発表した。今週のJ-CASTトレンドでは、「転売」にまつわる話題が多く...
別窓で開く

小1の時に両親が新興宗教に入信した、宗教二世の男性。通信制の高校を卒業後、2歳下の女性と交際していたことが発覚し、大問題に。教団との決別を心に決めた男性は集会で、神の組織の上部メンバーと直接対決した。現在40代で妻と3人の子供と幸せな時間を送る男性が語る「地獄の日々」とは——。(後編/全2回)【前編...
別窓で開く

いわゆる「宗教二世」問題に苦しむのは、旧統一教会関係者だけではない。現在、40代男性は、小1の時に両親がある新興宗教に入信。どんどんのめり込み、男性も信者勧誘(奉仕)活動に駆り出され「信者でない人はハルマゲドンで神に滅ぼされる」と教えられた。長時間にわたる信者のトップの話に退屈した顔をすると、給湯室...
別窓で開く

草なぎ剛&香取慎吾、三谷幸喜舞台再演「三谷さんから慎吾ちゃんに連絡してくれって電話がくる」
脚本家三谷幸喜氏(61)作、演出の舞台「burst!〜危険なふたり〜」(10月1日初日、東京・日本青年館ホール)の会見が30日、同所で行われ、三谷氏と草なぎ剛(48)香取慎吾(45)が出席した。15年に上演された舞台の再演で、草なぎと香取の2人芝居。7年前の同舞台のスタッフジャンパーを着用した三谷氏...
別窓で開く

産後すぐに亡くなったハタチの嫁は成仏できた?  霊能者「気が引けるのですが...」
 ホラーやスピリチュアルをテーマにした女性向けコミック誌「HONKOWA−ほんとにあった怖い話−」(朝日新聞出版)では、霊能者の寺尾玲子さんが読者の相談に応じている。降霊、供養、霊障解決まで、その内容はさまざまだ。 寺尾さんが2009〜2019年の間に回答した相談から、抜粋して一冊にまとめた本『霊能...
別窓で開く

羽生結弦、率直な思いを吐露「ゆっくりしている時間はない」 『AERA』で表紙&インタビュー
プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、10月3日発売の『AERA』10月10-17日合併号(朝日新聞出版刊)の表紙とインタビュー、グラビアの全11ページに登場する。撮影は蜷川実花氏が担当。稀代のアーティスト2人のコラボレーションによる“見たことのない羽生結弦”をカメラがとらえた。...
別窓で開く

デパ地下には人気のスイーツや総菜売り場のほか、野菜や鮮魚、精肉を扱う生鮮コーナーもある。一般的なスーパーに比べて価格水準は高いが、何が違うのか。コラムニストの矢部万紀子さんが、高島屋の野菜売り場にスポットを当てた——。■「デパ地下の野菜」は何が魅力なのか料理好きの知り合いに「材料はどこで買うか」と尋...
別窓で開く


[ 朝日新聞 ] の関連キーワード

vtuber eneos aera 草なぎ 高島屋