本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国WBC連覇へ外堀埋まる ドミニカ選手18人にMLB球団「派遣NO」、日本も対岸の火事にあらず
(マンフレッド・コミッショナーの思惑は…(C)ロイター/USA TODAY Sports) 3月開催のWBCに向けて、優勝候補のドミニカ共和国が頭を抱えているという。 地元放送局「CDN37」の電子版によると、同国代表のネルソン・クルーズGM(42=パドレス)が50人の予備登録メンバーのうち、18人...
別窓で開く

「包帯を取り替えようとしたら、指がズルッとずれて」本当の事故だった…『川口浩探検隊』隊員が明かす“危険すぎる撮影の裏側”
 かつて、水曜夜7時30分からの90分間、子どもたちをテレビの前に釘付けにした「川口浩探検シリーズ」(1978〜1985年)。未知との出会いを巡る男たちの冒険は、「ヤラセ」と揶揄されることもあったが、そこに「真実」はあったのであろうか。 ここでは、時事芸人のプチ鹿島さんが「川口浩探検シリーズ」の裏側...
別窓で開く

インドは中国に代わって「世界の工場」になるか
中国ビジネスを語る場合、中国の体制やその他の要因からくる「チャイナリスク」論がよく聞かれる。その際、「次はインドの時代だ」という声がある。中国とインドは、人口大国で、急速な経済発展を実現したという共通点があるのがその一因だ。中国はこれまで「世界の工場」といわれ、世界の有名企業の製品を加工して輸出して...
別窓で開く

日産・ルノーの「いびつな関係」を転換、資本関係見直し「対等」に
 日産自動車と仏自動車大手ルノーは30日、ルノーの日産への出資比率を約43%から15%に引き下げ、資本関係を対等にするとの共同声明を発表した。両社の取締役会決議を経て最終合意する。1999年に経営危機に陥った日産が事実上ルノー傘下となって以降、いびつな形が続いてきた関係は大きな転換点を迎える。...
別窓で開く

日産・ルノー、資本関係見直し「対等」で合意へ…きょう午後にも両社が声明
 日産自動車と仏自動車大手ルノーは資本関係の見直しに合意する方針を固めた。ルノーの日産への出資比率を43%から15%まで引き下げ、両社の資本関係を対等にする。30日午後にも、両社が声明を出す。1999年に経営危機に陥った日産が事実上、ルノー傘下となった資本関係は大きな転機を迎える。 両社は、それぞれ...
別窓で開く

トヨタ、新車販売台数3年連続で世界一…VWグループは中国や西欧で販売落とす
 トヨタ自動車が30日発表した2022年の世界新車販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は、前年比0・1%減の1048万台だった。独フォルクスワーゲン(VW)グループを上回り、3年連続の世界首位になった。トヨタ単体でも956万台を販売し、VWグループの826万台を上回った。...
別窓で開く

韓国がODAを年4千億円規模に…世界10位を目指す 日本は1兆円超で世界3位
かつての被援助国から援助国となった韓国。今年からさらに援助額を増やすことが分かった。今後3年間で同基金を11兆7000億ウォン(約1.2兆円)、年単位にして約4000億円規模に拡大する計画だ。これは日本と比較するとどの程度の規模なのだろうか?26日、韓国企画財政部は対外経済協力基金(EDCF)運用委...
別窓で開く

左派政権の希望か暴論か、ブラジル・アルゼンチンによる共通通貨構想の行方 ドル依存から脱却と南米の地域統合への思惑はいかに
(水野 亮:米Teruko Weinberg エグゼクティブリサーチャー)米国主導のOASに対抗する場で表明「ブラジルとアルゼンチンは共通通貨『スル(「南」の意味)』の創設を目指す」 2023年1月にブラジル大統領に返り咲いたルーラ・ダ・シルバ氏の発言がメディアを賑わせた。...
別窓で開く

グローバルサウスは中国含まず=岸田首相「大国は貢献を」
 岸田文雄首相は27日の参院本会議で、先進7カ国(G7)で結束して関与を強めると施政方針演説で表明した「グローバルサウス」について、「中国は含めて考えていない」と説明した。グローバルサウスは東南アジアやアフリカ、中東、中南米などの新興国・途上国を指す言葉で、中国を含めた概念として扱われるケースもある...
別窓で開く

侍ジャパンの秘密兵器・ヌートバー 少年時代の“日本チーム”との意外な縁
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、野球日本代表・侍ジャパンに日系選手として初めて選出されたセントルイス・カージナルス、ラース・ヌートバー選手のエピソードを紹介する。...
別窓で開く