本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



圧倒的な男性社会である自衛隊。そんな中で、女性自衛官の草分け的存在として道を切り開いてきたのが竹本三保氏だ。信念に基づき自衛隊生活を全うし、2011年に1等海佐で退職した竹本氏は退官後、公立高校の校長、奈良県教育委員会参与を経て、現在は奈良女子大学で教べんを執る。竹本氏が“国防”と“教育”に身をささ...
別窓で開く

「安倍元総理が私たちに残したもの」国葬を前に兼原信克氏が語る
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。安倍元総理の功績について解説した。安倍晋三元首相インタビュー=2010年10月4日 写真提供:産経新聞社安倍元総理が残した日本の外交・安全保障9月27日、東京・日本武道館で安倍...
別窓で開く

日本の総理大臣の腰が抜ければアジアは壊滅する
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中露が拒否権を行使して否決された国連安保理の北朝鮮への制裁強化決議案について解説した。...
別窓で開く

海上自衛隊護衛艦隊司令官 空母ロナルド・レーガンを訪問し司令官と懇談
 海上自衛隊の護衛艦隊司令官、斎藤聡海将は2021年4月15日、横須賀に帰港した空母ロナルド・レーガンを訪問しました。海上自衛隊の発表によると、斎藤海将はロナルド・レーガン空母打撃群司令官のウィル・ペニントン少将、第15駆逐戦隊司令官のチェイス・サージャント大佐と懇談し、日米の連携強化を図ることで意...
別窓で開く


<前へ1次へ>