本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



圧倒的な男性社会である自衛隊。そんな中で、女性自衛官の草分け的存在として道を切り開いてきたのが竹本三保氏だ。信念に基づき自衛隊生活を全うし、2011年に1等海佐で退職した竹本氏は退官後、公立高校の校長、奈良県教育委員会参与を経て、現在は奈良女子大学で教べんを執る。竹本氏が“国防”と“教育”に身をささ...
別窓で開く

高橋和夫さん イラクの専門家として意見を求められるきっかけになった「フセイン元大統領との一枚」
(サダム・フセイン大統領と握手をする高橋和夫さん(提供写真))【私の秘蔵写真】 高橋和夫さん(国際政治学者) ロシアによるウクライナ侵攻など世界中の紛争の構図は、活字だけで追っても、なかなか頭に入ってこない。地図や年表を見ながら地政学や歴史を踏まえて眺める方が、わかりやすいのでは……そんな狙いが当た...
別窓で開く

神風特攻隊員、2度の選挙落選…スーパー「ライフ」創業者・清水信次氏 波瀾万丈の96年
 大手スーパー「ライフ」を創業した「ライフコーポレーション」の名誉会長、清水信次氏が10月25日、老衰のため死去した。96歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を予定しているという。 売上高は約7600億円、関東や近畿を中心に約300店舗を擁する大手スーパー「ライフ」は、地域特性に応じた...
別窓で開く

◆政治と経済の癒着—— 東京五輪汚職をめぐって元電通の高橋治之氏や、AOKI前会長の青木拡憲氏、KADOKAWA会長の角川歴彦氏などが逮捕されました。森喜朗元総理も任意で事情聴取を受けています。一連の問題により、一部の人たちが利権を食い物にしている構図が明らかになりました。佐高さんは政治や企業の問題...
別窓で開く

岸田首相の狙う「広島サミット」後に解散総選挙というシナリオが失敗に終わる理由
■批判のスパイラル 岸田文雄首相を取り巻く環境は極めて厳しい。国葬、旧統一教会、円安による影響、原材料費の高騰や物価高、そしてコロナ禍。自身が招いた事態もあればそうでないものもあるが、いずれにせよ、首相自らの判断と国民の意識の間には相当なズレがある。信頼を失い、内閣支持率は右肩下がりを続けている状態...
別窓で開く

開催経緯の不透明さが国を分断する結果に…次世代に伝えるべき「国葬」の教訓
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「国葬」です。開催決定経緯に問題あり。国を分断する結果に。7月に銃撃を受けて亡くなった安倍元首相の国葬が9月27日に日本武道館で行われました。参列者は約4200人。うち700人強が海外から参列...
別窓で開く

安藤優子「日本の女性たちよ、“わきまえないオンナ”になろう!」
【前編】安藤優子「岸田さん、“女性国会議員1割”では日本は変わらない!」より続く「女は家に閉じこもって良妻賢母をやっていればいい」という、いまだ続いている自民党の女性観から脱して、人が個として評価される社会を目指そう——。「この本は、けっして自民党批判ではなく、もっと大きな日本社会が抱えている女性に...
別窓で開く

読売主筆・渡邉恒雄氏「せめて100歳までは生きよう、なんて考えるね」
 長期入院説や重病説が囁かれていた読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏が「文藝春秋」のインタビューに応じた。いまも胸にあるのは生涯一記者の誇りだ。〈僕は大正15年生まれ、今年で96歳になった。できるだけ仕事は控えているが、今も週に何度かは会社に出勤している。...
別窓で開く

統一教会・文鮮明“お言葉集”発掘「安倍晋太郎は私と契約書を書いた」「福田赳夫と中曽根は私か?首相にした」
〈日本の近代政治界において“文先生”の名前を抜けば暗黒です〉〈日本政界のトップたちはそれを知っています。「文先生の力が怖い」と〉(2003年9月24日/418巻)「文鮮明先生??(マルスム)(み言葉)選集」という本がある。そこに収録されているのは統一教会(現・世界平和統一家庭連合)を創設した文鮮明氏...
別窓で開く

岸田首相が長男を秘書官起用で“4代世襲”が決定 識者は「箔付け人事。最悪のタイミング」と分析
 毎日新聞(電子版)は10月3日、「岸田文雄氏長男が首相秘書官に 『人事活性化と連携強化のため』」の記事を配信した。“縁故採用”の理由を《人事活性化》と説明したことで、有権者の不評を買っているようだ。 *** あっという間に“渦中の人”となったのは、政務担当の首相秘書官に就任した岸田文雄首相(65)...
別窓で開く


[ 中曽根 ] の関連キーワード

統一教会 フセイン 自衛隊 イラク オンナ

<前へ123456次へ>