本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



まるでアニメのワンシーン 「道の駅うずしお」からの眺めが最高と話題→今年行くなら絶景テラスへ!
2024年2月21日、X(旧ツイッター)に投稿された1枚の写真が、多くの人の心を打った。空の青さと海の青さがまるで同調しているような、なんとも清々しいさわやかな光景だ。ユーザーの「空に青。」(@Sorani___Ao)さんのポストには、5400件を超える「いいね」(2月26日夕時点)のほか、感動の歓...
別窓で開く

(プレスリリース)【カップイングルメ】人気の ”アオアヲ鳴門金時パフェ” をテイクアウトで♪ ドライブ&サイクリングに、ちょっとシアワセ☆
〈2027年度〉四国と淡路島を結ぶ大鳴門橋自転車道(サイクリングロード)の完成予定イベント。鳴門市×南あわじ市共同企画☆ご当地グルメをカップで楽しむ<br /><br />アオアヲ ナルト リゾート(徳島県鳴門市 総支配人:高橋裕二 https://www.aoawo-nar...
別窓で開く

(プレスリリース)〈兵庫県南あわじ市の魅力を体感〉八芳園交流コンテンツプロデュースがポップアップショールーム『だから行きたい 南あわじ市』を千代田区「東京シティアイ パフォーマンスゾーン」にてプロデュース
「東京シティアイ」を会場に、職人直伝の淡路瓦の粘土でコースターを作るワークショップや人気スポットの紹介、南あわじ市の美味しいものの販売など、南あわじ市を“見て・体験して・知る”5日間<br /><br />総合プロデュース企業 株式会社八芳園(代表取締役社長:井上義則、東京都...
別窓で開く

(プレスリリース)ホテルアナガに新メニュー「ゆづるは鹿のディナー」が誕生 淡路島のジビエ「ゆづるは鹿」を堪能する淡路島リトリート
〜日常生活から離れて静かに心と身体をリフレッシュする旅をご提案〜<br /><br />食材の宝庫「淡路島」の鳴門海峡(大鳴門橋)を目前に臨む海辺のリゾートホテル、ホテルアナガ(所在地:兵庫県南あわじ市阿那賀1109 総支配人:鈴木大輔)にて、フランス料理レストラン「カドー・...
別窓で開く

ホテルの味覚鍋を自宅で!「淡路島3年とらふぐ」のふく鍋セット、1月分予約受付開始
鳴門海峡(大鳴門橋)を臨む淡路島のリゾートホテル・ホテルアナガは、淡路島の旬を届ける「淡路島の旬彩便」にて、「淡路島3年とらふぐ」のふく鍋セットの、2024年1月配送分の予約受付を12月4日(月)に開始した。淡路島の冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」「淡路島3年とらふぐ」は、御食国(みけつくに)淡路島の...
別窓で開く

大人が本気で部活をしてみた結果 ネオンサインで人気の映えスポットが完成
?️ABCテレビネオンサイン。独特の輝きと色彩、レトロな風合いが今、ブームになっています。従来の飲食店だけでなく、音楽やファッションなど各界が注目する中、脚光を浴びている人気の技術集団、それが宝塚市を拠点に活躍する「宝塚電子倶楽部」です。電子工作を駆使する3人組の製作ユニットです。...
別窓で開く

大阪駅から車で3時間以内!二拠点生活におすすめな「都会に近い街・10選」【関西編】
(※画像はイメージです/PIXTA)二拠点目を都会から離れすぎていない場所で検討している場合、おすすめの場所はどこなのでしょうか? 本記事では、地方移住や二拠点・多拠点生活に関する情報発信メディアを運営する合同会社Stone intechの中嶋遼太代表が、大阪から近い二拠点生活におすすめの街を10ヵ...
別窓で開く

大吊り橋の下の空間=“鉄道用”じゃないんです 実は落橋防止の工夫 教訓残した大事故とは
瀬戸大橋、明石海峡大橋、レインボーブリッジなど、大型吊り橋の橋桁の下には鉄鋼でできた箱型の空間があります。鉄道を通している橋もありますが、実はあれそのものが安全確保のために重要なのです。橋が揺れないようにする「補剛トラス」とは? 瀬戸大橋、明石海峡大橋、レインボーブリッジなど、大型の吊り橋には橋桁の...
別窓で開く

徳島〜淡路島 自転車移動可能に!?「大鳴門橋 自転車道整備」本格設計へ
2026年度までに自転車道の設置を行うとしています。徳島県が詳細設計を予算盛り込み 徳島県と兵庫県は2023年度の予算案を発表。その中で、サイクルツーリズムの推進のため、淡路島と徳島をつなぐ「大鳴門橋」へ自転車道を整備していくとし、徳島県は新規事業として自転車道の詳細設計に着手するとしています。...
別窓で開く

「四国新幹線」予定地を自転車道に? 大鳴門橋の「鉄道のための空間」なぜ残っていたか
大鳴門橋の高速道路の下、「四国新幹線」が通るかもしれない空きスペースに、淡路島と四国を結ぶ自転車道が整備されるかもしれません。その可能性と課題を探ってみましょう。またこのスペースは新幹線がここを走るはずだったのが、なぜ今まで残っていたのでしょうか。...
別窓で開く


<前へ12次へ>